まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

股関節の引き込み、送り出しを実感するワークショップ

ワークショップ セミナー

2016年6月18日 / 2018年8月17日更新

股関節の引き込み、送り出しを実感するワークショップ


昨日の神戸のWSでは
股関節の引き込み、送り出しを自分の感覚として覚える
を覚えてもらうことを時間をかけて段階を踏み、実感してもらうことをやっていただいた。

股関節のことだけをやってみたところで、それだけでよくなるのではなく
体幹からのつながりを感じてもらわなくては実感できないことなので
お1人ずつのチェックをする間、いろんなアプローチをしている。
肩甲骨の動きに合わせて滑らかに腕を回す
これを片方してみただけで
吊り上った肩が下り、肩の本来の形が見えて
「肩幅が広くなった」と言われた男性も。



股関節の引き込み、送り出しの誘導。
体幹部分の役割と、それに伴い動きの出る脚部分の役割を
繰り返し説明しながら、やっていただく。

「脚を開く」のではなく、股関節を引き込み送り出して坐骨を中心に寄せるのに
脚の方向を合わせると、痛みなく開き
自分自身でコントロールする感覚が出来る。

開脚や開脚前屈が出来る人でも、無理なやり方で
歪んだ脚になっていたり、痛いのを我慢してやっていた人たちも
今までにない感覚を実感された。


坐骨を立てて座りにくい人も椅子を使って
同じことができる。
長座と開脚の時では、股関節がどう動くか理解してもらって
出来る状態で、前屈もやって頂いた。
これも背骨が伸び、下腹の感覚を得てできること。


片足立ちで体幹を保ち
股関節を引き込み送り出して、力の流れが通る感覚を覚える。


これも股関節を引き込み送り出して
踵を押しつつ、坐骨~踵の通りがあって
ルルベのまま、踵をついている時と変わらないくらい
綺麗に歩かれている。
自分の中心でコントロールできる感覚を持って歩くことが出来て
とても喜ばれていた。

東京のWSにいつも来て下さる方だが
待ちきれなくて、WS前のレギュラーレッスンから来て下さった。
「大収穫!」と言って帰って下さったので
遠くから来て下さったことが無駄にならなくてほっとした。

股関節の引き込みと送り出しが自分でできるようになると
格段にできることが増える。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ