まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

丁寧に確実に感覚を覚える

ワークショップ セミナー

2016年9月25日 / 2018年8月18日更新

丁寧に確実に感覚を覚える

昨日のWS。
前回のことをおさらいしながら次の展開へと思っていたが
前回と同じくらい時間がかかってしまった。



確実に体の骨の位置や中心を認識してもらいたいので
今月からは見習いアシスタントさんも来てもらって
対応している。
実際にやっていることはシンプルなことだが
手足で終わることをしても仕方がない。

時間も手間もかかるが、繰り返していくことで
確実に自分のものにして持ち帰ってもらいたい。



肩甲骨から脇、肘の流れを作って
方向を合わせて引き込む感覚。
方向を合わせようとして、肘がビンビンに張ってしまっているのを
脇ー肘を引き込み送り出して
肘を棒にしてしまわないように、「伸ばし曲げて」いる。
肩甲骨でコントロールする感覚を実感してもらえたようだ。


重心を前にして、足首で上がっておられたのを
体幹をエレベーターの箱のように上下に引っ張り
かかとを押して、
坐骨と踵をつなげて
股関節を引き込むことでルルベした状態。
(この手は坐骨の引き寄せを誘導しているもの^^;)

脚の付け根を前に押す重心で立つと
腿に力が入り、膝も足首も前側が固まり
体幹も体の裏側も感じられない。
パフォーマンスは著しく落ちる。


股関節を引き込む。
自分でもできるようにやり方を覚えてもらう。
忘れたらまたもう一回。
バージョンを変えると頭が混乱してわからなくなったりするが
一度であった心地よい感覚を体は求めてくれる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ