まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

股関節の入れ込みからアラベスクにつなげる   うまさきせつこのボディコントロール

ボディコントロール

2014年7月16日 / 2014年8月22日更新

股関節の入れ込みからアラベスクにつなげる




先日ご紹介している
股関節を入れ込みつつハムストリングスを伸ばす
は、前後開脚での使い方と同じだが
この股関節の中でセンターを分ける感覚は
アラベスクも同じ。

この写真では少し腰を後ろに引き過ぎているのと
上げた脚をややクロスに入れすぎている。
本来の腰の位置はもう少し前だし
クロスに入れすぎず、1番の延長くらいで送り出す方が
張りの感覚がわかりやすい。

アラベスクを90度以上にするのがうまくいかない人も多いと思うが
上記の「股関節の入れ込みで・・」と体幹部の使い方は同じである。
ただ体幹の底の部分になるところ
(両足のつけね、坐骨を輪っかにスパンと切ったと考えて、その断面)
の角度を斜め上に向けると考えてほしい。

それは「股関節の入れ込みで・・」
でイメージしてシュミレーションすることもできる。
いきなりではなく、何度も体に覚えこませるつもりで
小さな距離、小さな角度から積み重ねて
繰り返してみる。
すぐそのものに行けなくても、確実に感覚を覚えて行くことで
そのものにトライするときには
あまり難しいことと思えなくなる。

小さな角度や距離で出来ないことを
いきなり大きくしても、まずうまくいかない。

8月のワークショップのご案内
 8月8日㈮ 19時半~21時半  募集を締め切りました。
 8月23日㈯ 10時半~12時半 募集を締め切りました。
 
今後のワークショップの開催予定
 をホームページでお知らせしています、(8月~12月)
 六甲アイランド、助松の各教室では各稽古日に体験レッスンできます。
 教室案内・料金
↓「うまさきせつこのボディコントロール」の詳細はここから
 うまさきせつこモダンバレエ研究所
 せつこのゆったり自分コントロール

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ