マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ) / 弁理士

プロシード国際特許商標事務所

コラム

AI時代の知的財産

2020年1月14日

テーマ:著作権

コラムカテゴリ:法律関連

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

本日は、福井健策先生のセミナーに参加しました。

最近のいわゆるAIは、データを機械学習させてできた学習済みのモデルですが、
知財の論点だと、データ、アルゴリズム・学習済みのモデル、生成物の3箇所で議論があります。

知財の論点

1。データに関して
 著作物を複製して使うことになることが多いため、複製権の問題が発生する可能性がありましたが、
 H19年1月の著作権法改正で手当てされました。
 
 30条の4 表現の享受ではないための利用ができるようになりました。
      また、情報解析であれば、人間がやってもよくなりました。

 47条の5 情報検索・所在検索サービスなどに付随する軽微利用ができるようになりました。
      例えば、検索サービスを行うためには、大量のデータが必要ですが、
      無断でできるようになりました。
      デジタルアーカイブもできるようになりました。

 個人情報
  生存している、識別可能なもの、例えば、写真 ID、DNAなどです。
  利用目的の開示、安全管理、第三者提供禁止といったことが求められます。
  匿名加工情報は、個人情報に含まれません。
  匿名加工情報として、認められるためには、適切に加工、識別可能な状態に戻らない、
  識別のため照合するのはだめなどの要件を満たす必要があります。

2.アルゴリズム・学習済みのモデルに関して
 プログラムの著作物、特許、営業秘密と今までの保護として、大してかわりません。

3.生成物
 著作物は著作物か?
 人の創作的寄与が必要ということで、現状では著作権が認めれることは難しいです。

 それに、生成物が短期間に大量にできるため、それらに独占権を与えるのが適当ではないという判断があります。
 
 例えば、曲を自動作成できるJukedeckは、一つのサーバーで一年間で 105万曲近く作曲できます。
 これは、現在のJASRACが管理している曲の4分の1の量です。
 
 これを聞いて、流石にダメだろうと私も思いました。

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)

Share

関連するコラム

鈴木康介プロのコンテンツ