まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
福味健治

建築主の思いを形にする注文住宅のプロ

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
06-6714-6693

コラム

4年に70%の確立で首都直下型地震が

【免震住宅・地震対策】

2012年1月26日 / 2012年2月9日更新

政府発表ではありませんが、東大の地震研究所が関東周辺で4年以内に70%の確率で関東周辺で直下型地震(阪神大震災と同じ)が発生すると、昨日発表しました。根拠は確立から割り出した数値とのことでした。昨年の3.11以前と以後で、無感地震の割合が7倍に増えています。無感地震の回数が増加すると確率的に大地震の発生確率増えるとの理由からです。
この確立を元に政府が発表している、「今後30年に70%の確率」と云う数値は今後30年間に98%と云う数値になってしまいます。確率の算出方法で100%はありませんので、98%は間違いなく遭遇することを意味しています。
関西圏での無感地震の発生頻度は、どの研究団体も発表していません。しかし、昨年3.11以前と変らないと云う考えは、普通に考えれば不自然です。
東海・東南海・南海地震の発生確率は、30年間に80%の確率です。この結果も見直さないとダメと考える方が自然です。起こらないのが普通で、地震に遭うのは災難と考える時期ではないのは明らかです。起こっていなくて幸運なのです。
早急に地震に備えて下さい。天気予報で言えば注意報から警報に変ったくらいの衝撃を建築の専門家として感じています。
テレビ報道で、家具の転倒に「家具の下にストッパーを入れて、天井との間に突っ張り棒をかませると効果的」と解説していましたが、床及び天井の硬さを無視しています。
たたみと和天井の部屋では柔らか過ぎて効果がありません。地震に関して過小評価は危険です。

IAU型免震装置の阪神大震災の地震波を用いての検証はこちら
http://mbp-osaka.com/oado/column/12549/

IAU型免震装置のノースリッジ地震の地震波を用いての検証はこちら
http://mbp-osaka.com/oado/column/12585/

IAU型免震装置の新潟県中越地震の地震波を用いた検証画像はこちら
http://mbp-osaka.com/oado/column/12587/

用語の解説はこちら
http://mbp-osaka.com/oado/column/12572/

IAU型免震住宅の実験映像はこちら
http://mbp-osaka.com/oado/column/12641/

免震住宅に関するお問い合わせはこちら
https://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/

福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

福味健治

福味健治(ふくみけんじ)

福味健治プロのその他のコンテンツ

Share