マイベストプロ東京
桐生英美

中小企業の経営を支える人事総務コンサルタント

桐生英美(きりゅうひでみ) / 社会保険労務士

日本経営サポート株式会社

コラム

同一労働同一賃金について、注目の判決が出ました。

2020年10月16日

テーマ:人事トラブル

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 同一労働同一賃金 対策

同一労働同一賃金について、今週13日と15日に最高裁判決がでました。

13日、非正規労働者の退職金とボーナス(賞与)の待遇差を容認
15日、契約社員の年末年始勤務手当や扶養手当などの待遇差は不合理

詳細については、別の機会にお伝えして、基本的な考え方をお伝えします。

「同一労働同一賃金」というので、一般の知識が少ない方から、とても誤解が多いのも事実です。
簡単には「同じ仕事」なら「同じ待遇(賃金)」をというのが基本的な考え方ですが、一見「同じ仕事」のように見えても、細かく見ると違いがある場合には、「同じ仕事ではない」という判断になります。

社員さん側からの電話で相談を受けることもあるのです。
たいていの方は、正社員と同じ仕事をしていると、おっしゃるのですが、すでにお伝えしたように、本人は同じといっていても、実は違う仕事だったりすることがあります。

同じ仕事かどうかは、3つの要素で判断します。
判断します と書きましたが、だれが判断するのか、基本的には会社と社員が話し合って決めるのですが、最終的に解決しない場合には、裁判で決着をつけます。今週の判決はその最終決定となっています。
3つの要素というのは、つぎの3つです。
①職務内容
②職務内容・配置の変更範囲
③その他の事情

この3つのうち、①②が同じであれば、同じ待遇にしなさい。(均等待遇)
そして、①②③を検討して、不合理な待遇差がないようにしなさい。
このように、法律は規定しています。

以上の基本を押さえたうえで、
先日の判決の見てみます。
賞与について、待遇差があってもいい、と裁判所が判断したのは、上の①②③を検討したものと考えると、すっきりします。
つまり、正社員とアルバイトの仕事には、一定の差がある、だから賞与・退職金には差があっても問題がない、ということです。

ところが、扶養手当等の判決では、不合理と出ました。
それは、上の①②を検討して、正社員と契約社員の仕事は一緒である、と判断したと考えています。

詳細については、判決内容を熟読して、お伝えしたいと思います。

今回の報道などで、感じることは、これらの報道をもって、契約社員には「賞与を支払わなくてもいい」とか「〇〇手当を支給しなければならない(もらう権利がある・・)」などというように考えてはいけない、ということです。

裁判での判決というのは、その会社(事件)での、裁判所の決定であり、すぐに皆さんの会社に当てはまるかというと、そうではない、ということです。
しかし、最高裁の判決というのは、一審(地方裁判所)や二審(高等裁判所)の判決にさいして大きな判断材料となります。似たようなケースがあれば、最高裁の判断と似た判決を取ります。
なので、実際には、裁判になってみないと、わからない、ということなのです。

同一労働同一賃金は、2020年4月から法規制され、21年4月からは中小企業にも適用になります。今から準備を行って、トラブルが発生しないよう、取り組む必要があると考えています。

お問い合わせはこちらから

ヒトがヒトを呼び、業績が上がる「採用力」を育成します。

採用力育成コンサルティングはこちら
日本経営サポート株式会社コンサルティング事業部
桐生社会保険労務士事務所 

この記事を書いたプロ

桐生英美

中小企業の経営を支える人事総務コンサルタント

桐生英美(日本経営サポート株式会社)

Share

関連するコラム

桐生英美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6667-4851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桐生英美

日本経営サポート株式会社

担当桐生英美(きりゅうひでみ)

地図・アクセス

桐生英美のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2020-09-06
facebook
Facebook

桐生英美プロのコンテンツ