まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

背骨を前に押した時、しならせた時の肋骨

ボディコントロール

2018年3月21日 / 2018年9月22日更新

背骨を前に押した時、しならせた時の肋骨

このところ、うちにいらっしゃる反り腰の人たちは
どうすると反り腰の状態になり、どう意識すると
反り腰にならないか、自分で直せるようになってこられた。
初めての動きをすると、そうなってしまう時もあるが
慣れると修正できるようになられている。

反り腰でなりやすい状態をイメージしたものを
お見せして置こうと思う。
解剖学的な図ではなく、わかりやすくデフォルメしたものだから
そのおつもりで。
肋骨は背骨の前についているが
肋骨を鳥籠のようにイメージしてみた。
反り腰の人は胸を上げたり、いわゆる「反る」状態にしようとする時
胸を前に押してしまうことが多い。
反り腰の人でなくても、背骨を前に押すと
鳥籠はへしゃげて狭くなる。

(背骨を前に押した時)
背骨を前に押した時
(背骨をしならせた時)
背骨をしならせた時
下手な絵で恐縮するが
反ろうとして背骨を前に押すと
体の厚みはなくなって、上の写真のように
鳥籠はいびつになる。
直線的に背骨を押したので、しなることができず
反ろうとして首も縮み、息をするのもきつい。

下の写真は少し角度が違うので
わかりにくいかも知れないが、背骨の前に鳥籠が吊るされているとして
背骨はしなり、鳥籠の背骨についている部分は背骨の椎になっているから
背骨に連動して、鳥籠の形は縮まず、余裕のあるまま。
これをしてくれた人は
「楽~!喋れます~!」と言っていた。
表情の違いだけでも背骨を押すと苦しかったのがわかる。

背骨を押すのとしなるのとでは、肋骨の状態もこれだけ違いがある。
見てもらえる適切な動画がなかなかなく、今はもう少しいい状態でできると思うが
朝起き抜け 背骨、股関節のストレッチ
は、背骨のしならせ方について、
背骨の椎、ひとつずつを動かすと言う点では、少し参考になるかも知れない。
また、そのうち新しい動画は作ります。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ