まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ)

プロシード国際特許商標事務所

コラム

中国ドメイン事件の判例

中国 ドメイン

2012年4月23日 / 2014年7月31日更新

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

中国のドメインネームの事件の判例です。

この事件は、他人の先登録商標を、企業名、ドメインネーム、及びインターネットキーワードとして使用することが不正競争を構成するとしたものです。

<事実関係>

1.甲社が商標A(指定商品X)を登録しました。
2.甲社と関係ない者が乙社(”知名+商標A”という名前の会社)を設立しました。
3.乙社が商標Aの中国語読み(マンダリンのピンイン)のドメインを登録し、乙社のサイトを作りました。
4.乙社が指定商品Xの合格証に商標Aを使用したところ、行政当局から取り締まりを受け、過料を支払いました。
5.乙社は、商標Aをインターネットキーワードとして登録しました。
6.甲社は、乙社と話し合いを行った結果、乙社は、合格証を破棄し、賠償、謝罪を行う事になりました。
7.乙社は、商標A(指定商品Xと非類似の指定商品Y)を登録しました。

<判決>
1.乙社は、企業名称を30日以内に変更せよ。
2.乙社は、ドメインネーム、インターネットキーワードの使用を停止せよ。
3.乙社は、虚偽宣伝の不正競争行為を停止せよ。
4.乙社は、甲社に500,000人民元(約600万円)を賠償せよ。

<コメント>
乙社のように、他社のブランド名を自社名称や、ドメインネームや、インターネットキーワードとして利用し、他社の信用にフリーライドするケースが見られます。
今回の甲社は、事前に商標登録をして、宣伝活動も活発に行っており、乙社が設立される前から知名度が高い企業だったことが、勝因の一つだったと思います。

<その他>
インターネットキーワードとは、キーワードをURLにリンクさせるサービスで、中国では主に中国ドメイン名登録機関であるCNNICが提供しています。
本件のケースの場合、ブラウザのアドレスバーに、商標Aと入れると、乙社のサイトが開きます。

<中国ドメイン(CNドメイン)の参考関連記事>
中国ドメイン事件の判例2
中国ドメイン事件の判例3
中国のドメイン命名ルール
CNドメイン取得対策


Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓
http://www.japanipsystem.com/ask/index.html
メール info@japanipsystem.com
03-5979-2168(平日9:00~17:00)

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

鈴木康介(すずきこうすけ)

鈴木康介プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木康介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介

プロシード国際特許商標事務所

担当鈴木康介(すずきこうすけ)

地図・アクセス

鈴木康介のソーシャルメディア

rss
rss
2012-07-13
twitter
twitter
2018-08-15
google-plus
google-plus

鈴木康介プロのその他のコンテンツ