まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

黒を基調としたシックな和室にリフォーム  リゾートマンション編

マンションリフォーム

2014年5月14日 / 2014年6月27日更新

天橋立にリゾートマンションを購入したので、もっとリゾートっぽくリフォームしたいと、OB顧客様からの依頼がありました。
十分リゾートっぽいのですが、浴室をユニットバスをやめてテラッコタのタイル張りに白い猫脚のバスタブをいれて・・・とか独立キッチンをやめてオーップンスタイルにとか、和室は黒を基調にしたシックな感じでとか・・・
今回は和室のお話。




畳は入ってませんが、この和室をシックな和室にリフォーム。
では壁紙を黒っぽいものを、畳も琉球風の黒を用いましょうか。




これは別の部屋の和室ですが、このように床を上げて腰掛けられるようにしたいとの事。
そういえば窓からは日本海の絶景が・・・
和室に腰掛け、オーッシャンビューを楽しみたいですね。




押入れを解体し、TVを吊れるようにコンパネで補強。
床を揚げ、天井を舟底にし、黒竹を貼ればグッとシックになってきました。
床下には収納ができるよう、引き出し式、キャスター付きの収納ボックスを4台も受けました。



畳を黒の琉球風畳。
そして白木の框や棟木も、オイルステンでダーク色に着色したので引き締まりました。
壁紙もダーク色のものを選び、間接照明を設けました。



完成です。
シックな和室になりました。
黒を基調とした中にやんわりと照明が暖かく灯っているのが全体の調和を生み出してくれています。

和室をここまで雰囲気を変えるのにはとても勇気がいりますが、それでも出来上がってしまえば違和感なく、インテリアデザインとして価値のあるものになり、新しい和のスタイルを生み出すことができました。

他ののマンションリフォームのコラム


リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

舘慶仁(たちよしひと)

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share