まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

舘慶仁プロのコラム一覧:外装リフォーム

隣の家との隙間がものすごく狭い家は昔の建売住宅にはよく見受けられます。昔の法律では規制にかからず、敷地目一杯に区割りをする建売住宅を建てることが最優先の時代の建売住宅です。昭和40年代、50年代と建売住宅が乱立していた時代の頃の建物です。ちょっと見えにくいのですが、右隣の家と...

秋です。さわやかな季節の到来です。家の塗り替えにピッタリの季節がやってきました。家の外壁が気になっているのなら…暑い夏がもうすぐ終わり、太陽の位置が高くなり、陽射しが和らい季節になってきました。家の外壁も強く熱い紫外線、冷たい雨、強い風などを1年中受け続けています。も...

ひと昔前の玄関ドアの取り換え工事はたいそうでした。 玄関ドアは外して取り付けて、内外の補修に大工、左官、ペンキ、クロス屋さんと4業種の工事が必要で工期も取り替えるだけでなく補修しかわかしてと3~4日かかっていました。しかし今は各メーカーリフォーム玄関ドアというのを発売していて...

外構工事において、あるいは無機質なガレージの土間や殺風景な玄関アプローチを申すj腰華やかにデザインしたいと思いませんか?ちょっと外観にお金をかけておられるお宅のガレージの土間には医師が貼ってあったりタイルで仕上げてあったりするのをよく見かけます。しかし石貼りやタイルは高額なイ...

築年数の古い陸屋根は、それまでのメンテナンスの仕方によって、雨漏りに悩ませられるケースをよく耳にします。またメンテナンスの有無に間変わらず、建築の不手際によっての後々メンテナンスでは補いきれない致命傷が起こりうることがあります。こちらの家は3階建の陸屋根です。3階と...

カラーベストあるいはコロニアル屋根と呼んでいるスレート瓦のメンテナンスはどのように考えればいいのでしょうか?カラーベスト等のスレート瓦の塗装の劣化はスレート瓦の宿命ともいえます。瓦の表面に施した塗装は、住宅の寿命よりは短いため、少しずつ退色していくのは さけられないと思いま...

ご近所で外壁塗装の工事をやっている期間中、その工事店の営業マンが、「ご近所で外壁の塗り替えをやっています。今やっているお宅の工事の後、つづけてやらせていただくと、足場代をサービスします・・・」などと言ってきたり、そのような内容のチラシが入っていたりという事がありませんか?実...

隣の家が解体されたら、なんと自宅の外壁がむき出しで、何らかの仕舞が必要になったというケースはよくあります。昭和30~50年代に建てられた建売住宅は、隣家戸の隙間も狭く、隣接壁はなんの仕舞のせずに、屋根部分の板金だけで雨仕舞がしてある家がたくさん建てられてきました。築40年、...

外壁における昨今の現状は、施工の手軽さと耐候性から、外装にはサイディングが多く採用されるようになり、塗壁の需要は一時落ち込みました。もともと根強い人気がある塗壁ですが、最近その意匠性や防火性が見直されています。今はかつての主流だった砂モルタルよりも軽くて耐久性のある「ジョリ...

定期的にメンテナンス行っていない建物は老朽化も早いです。建物はは外気にさらされています。雨や風、そして夏の暑い太陽の日差しにさらされ日々劣化していきます。加えて地殻の変動により、建物は常に地球によって揺らされています。長い間建物を揺らされると築古の免震対策がなされてないRC...

お家のメンテナンスとして外壁の塗り替えばかりが目につきますが、外壁同様屋根にもメンテナンスが必要です。特にカラーベストの塗り替えは、屋根材の耐久性の維持や雨漏り防止のため外壁同様重視すべきことです。色あせが目立ちコケも出だしています。これ以上色あせが進むと、屋根材の...

ベランダをもう少し広くしたいと思ったことはありませんか?今回の事例は、もともとベランダから階下に雨漏りするという事が発端でした。雨漏り修繕のご依頼で伺えば、出来ることならもう少しベランダを広くしたいとの事でした。ベランダの拡張工事は少々大掛かりになりますが可能なのです。...

裏口の壁がブロック塀で光も風も入らず裏口がどんよりと暗い場所になっている場合が多いです。そんな時は思い切ってブロック塀を解体して光と風をと取り込みましょう。裏口がブロック塀で囲まれて、ブロック塀の上部の空間と、本体建物外壁の隙間がわずかな開口です。実際に建物側から外...

3階の居室が雨漏りするということで相談を受けました。瓦の割れとズレが原因で、瓦の差し替え修繕も可能ですが、軽い屋根の葺き替えをご希望。コロニアルの葺き替えをご依頼いただきました。  築30年近くの建物ですが瓦はきれいです。ズレも少ないですが全体的にはガサついてます...

ご自宅の外階段が防水シートを貼っているにもかかわらず階段裏が雨漏りするケースです。2世帯住宅の2階に上がる外階段です。一応鉄骨階段にモルタル下地の上から滑止めシートを貼ってあります。一応防水対策はしてありそうですが・・・ただこの10年2回、施工直しを他の業者でやっても...

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share