まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

舘慶仁プロのコラム一覧

西淀川区のマンションリバーサイドヴィラ千船のマンションリフォーム事例です。リバーサイドヴィラシリーズのマンションは西淀川区、福島区に多く建てられている阪神住建のマンションです。リバーサイドビラ千船はおよそ地区30年のファミリータイプのマンションです。今回はこの30年、1度も...

隣の家との隙間がものすごく狭い家は昔の建売住宅にはよく見受けられます。昔の法律では規制にかからず、敷地目一杯に区割りをする建売住宅を建てることが最優先の時代の建売住宅です。昭和40年代、50年代と建売住宅が乱立していた時代の頃の建物です。ちょっと見えにくいのですが、右隣の家と...

狭小の長屋にお住いの方々から、もう少し暮らしやすい間取りで生活したいというお悩みをよくお聞きします。狭小の長屋というのは間口が狭く縦長の間取りなので、いわゆるうなぎの寝床と言われます。通し間取りなので共用空間に行くにも隣の部屋を通らなければならずプライベート空間の確保がで...

戸建て住宅を全面リフォームするという事は、お風呂やキッチンの入替や工事や、クロスの貼り替え工事などの比較的簡易な工事と異なり、時には構造に関わる問題を解決する必要があります。ましてや、間口の狭い長屋住宅では、せっかくのリフォームの際には暮らしやすい間取りにを重視することがひ...

タイル貼りの在来のお風呂が、浴槽なり洗い場排水であったりが詰まった場合、通常のワイヤー通しや真空引きもしくは洗管では解消されない場合があります。それは詰まりの原因が髪の毛やゴミなどではないことと、在来風呂の浴槽の下の排水の形状にあります。在来風呂の排水はユニットバスのよう...

築50年くらいの長屋の基礎は、布基礎という壁の下にだけ基礎を配置する工法で、床下は土というところがほとんどです。それは当時の基礎の工法が布基礎しかなかったのが現状でした。しかし木造住宅における基礎の工法が、ここ20年くらいで「ベタ基礎」と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリ...

築30年以上経過した古い家は、端々の老朽化は年々進行していきます。説b機器の故障や、内装材の汚れや破れなどは目に見えるものですが、壁の中に隠れている柱や土台などの構造体はなかなか目にすることなく老朽化が進行しています。特に水廻り付近の土台や柱は湿気をよく吸うため、高い確率で...

狭くて古い長屋を借家として貸しているケースは多いです。そんなオーナーさんの最大の悩みが入居者の確保でしょう。しかしその確保できない理由の一つに内風呂がないという理由が挙げられます。狭いがゆえにお風呂がないという借家は昔から大阪市にはたくさんありました。ただ昔は各所に銭湯...

来年も注目を集めそうなのが「中古住宅」のリノベーションです。リフォームとリノベーションの違いはなんでしょう?リノベーションとリフォームは同じような意味に感じるけど、具体的に何が違うのと思われる方が多いのではないでしょうか。「リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の...

実家の隣もしくは近くの長屋が売りに出たので購入しようと考えている!或いは、長年空き家にしていた相続した長屋を有効活用しようと考えている。しかし、予算の確保がなかなか難しく、こだわりを持った、耐震、断熱工事を含めたリノベーションをする考えまでは至らない。できるだけ予算を抑...

秋です。さわやかな季節の到来です。家の塗り替えにピッタリの季節がやってきました。家の外壁が気になっているのなら…暑い夏がもうすぐ終わり、太陽の位置が高くなり、陽射しが和らい季節になってきました。家の外壁も強く熱い紫外線、冷たい雨、強い風などを1年中受け続けています。も...

 ユニットバスは日本が発祥。きっかけは1964年東京オリンピック! 毎日入っているお風呂。今でははほとんど家ではユニットバスが使われていますが、そのユニットバスも今ではさまざまな進化を遂げています。実はこのユニットバスは日本が初めて世界に送り出した、まさに日本人の英知が生...

従来からある陶器製の洗面ボウルはものを落とすと割れるという事例が過去に多くあると報告されています。洗面所で洗顔後、化粧や調髪の際、ガラス製や陶器製の化粧水のビンを落とすと大抵洗面ボウルは割れてしまいます。弊社のお客様のK様はこれまで2回この陶器のボウルを割られたとの事で...

最近、水道料金が高いと感じたことはありませんか?或いは、水道局からお宅の水道管が建物内で漏水を起していますという連絡が来ることがあるかもしれません。家中の水栓金具を締めて、水道メーターのパイロットが回っていたら、家の中のどこかで水漏れしています。宅内で漏水していると、無...

ひと昔前の玄関ドアの取り換え工事はたいそうでした。 玄関ドアは外して取り付けて、内外の補修に大工、左官、ペンキ、クロス屋さんと4業種の工事が必要で工期も取り替えるだけでなく補修しかわかしてと3~4日かかっていました。しかし今は各メーカーリフォーム玄関ドアというのを発売していて...

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share