まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

舘慶仁プロのコラム一覧:長屋リフォーム

狭小の長屋にお住いの方々から、もう少し暮らしやすい間取りで生活したいというお悩みをよくお聞きします。狭小の長屋というのは間口が狭く縦長の間取りなので、いわゆるうなぎの寝床と言われます。通し間取りなので共用空間に行くにも隣の部屋を通らなければならずプライベート空間の確保がで...

戸建て住宅を全面リフォームするという事は、お風呂やキッチンの入替や工事や、クロスの貼り替え工事などの比較的簡易な工事と異なり、時には構造に関わる問題を解決する必要があります。ましてや、間口の狭い長屋住宅では、せっかくのリフォームの際には暮らしやすい間取りにを重視することがひ...

築50年くらいの長屋の基礎は、布基礎という壁の下にだけ基礎を配置する工法で、床下は土というところがほとんどです。それは当時の基礎の工法が布基礎しかなかったのが現状でした。しかし木造住宅における基礎の工法が、ここ20年くらいで「ベタ基礎」と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリ...

築30年以上経過した古い家は、端々の老朽化は年々進行していきます。説b機器の故障や、内装材の汚れや破れなどは目に見えるものですが、壁の中に隠れている柱や土台などの構造体はなかなか目にすることなく老朽化が進行しています。特に水廻り付近の土台や柱は湿気をよく吸うため、高い確率で...

狭くて古い長屋を借家として貸しているケースは多いです。そんなオーナーさんの最大の悩みが入居者の確保でしょう。しかしその確保できない理由の一つに内風呂がないという理由が挙げられます。狭いがゆえにお風呂がないという借家は昔から大阪市にはたくさんありました。ただ昔は各所に銭湯...

来年も注目を集めそうなのが「中古住宅」のリノベーションです。リフォームとリノベーションの違いはなんでしょう?リノベーションとリフォームは同じような意味に感じるけど、具体的に何が違うのと思われる方が多いのではないでしょうか。「リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の...

実家の隣もしくは近くの長屋が売りに出たので購入しようと考えている!或いは、長年空き家にしていた相続した長屋を有効活用しようと考えている。しかし、予算の確保がなかなか難しく、こだわりを持った、耐震、断熱工事を含めたリノベーションをする考えまでは至らない。できるだけ予算を抑...

築40年、50年あるいはそれ以上の古家は現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけでなく、居住機能そのものがなくなってきているのが現状です。しかしそこに建物があるなら放置しておくわけにはいきません。売却する、解体して建て替える、キレイにリフォームして住むもしくは貸すなど、そ...

昨今の空き家増加による空き家対策はスマート住宅循環支援事業として、既存住宅の市場流通を促進、拡大を目指した事業が国を挙げて推進されています。つまり空き家の放置に歯止めをかけ、リフォームによって住む、貸す、泊まるなどいずれかの目的のために環境保全のみならず空き家対策特別措置法...

長屋など間口の狭い古家は間取りの配置にいろいろと頭を悩ませることが多々あります。特に1間半間口の家は、いわゆる「うなぎの寝床」と呼ばれる通し間取りが定番でなかなかアレンジしにくいのが現状です。更に水廻りの配置も動線に関係なく、置けるところに配列している使い勝手の悪い住宅に...

長屋などの古家の全面改装リフォームを行う場合、構造や設備、あるいは内装などに加え、外壁をどのように改修するかという事も重要な要素のひとつになってきます。せっかく全面的にリフォームするわけですから、長年放置されてきた外壁もおしゃれに、そして機能的かつ耐久性のある外壁に仕上げた...

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活や老後の蓄えや等から捻出資金に限りがあるにしても、リフォームにどれくらい費用が掛かるかわからないという方は多いでしょう。そこでざくっとした考えですが、古家をスケルトンリ...

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。「こんな古い建物が美しくよみがえるのか?」「仕上がりを過度に期待しない方がいいのか?」「希望のデザインを要求できるのか?」など、せっかくお金をかけるのだから、ある程度の仕上がりは当...

大阪市内には当時の住宅政策として建てられた、築100年にもなる長屋住宅が今なお多く存在します。大阪では大正の末期から昭和にかけて都市計画法の一環として、市街地の拡大として近代長屋が多く建てられました。大正末期の都市計画法を受けて始まる土地区画整理事業は、大大阪新開地(だいおお...

住むこともできない、または値段が付けられずに売れない築年数の古い長屋などの古家を持て余してはいませんか?大阪近郊の都市部にはこのような悩ましい古家がたくさん空き家として存在しています。そしてこれらの空き家は今後どんどん増えていくと言われています。また昨年発令された空き家...

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share