まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

住宅ローン 無理なく返せる年数と、無理なく返せる借入額は

不動産のトラブルいろいろ。

2018年4月17日 / 2018年10月11日更新

無理なくが第一条件です


●融資

投資用シェアハウスをめぐり、過剰融資や賃料収入0円、毎月支払い○百万円など大きな問題となっていますが、住宅ローンの過剰融資も以前から問題視されています。
住宅会社の営業担当は住宅そのものより、どのように融資承認を得るのかが大きな仕事となっています。

勿論、一般的に融資なくして住宅を取得することは困難ですが、やはり無理なく返済できることを一番に考えるべきだと思います。


●無理なく返し続けられる年数は?

「無理なく返し続けられる年数」について考えてみました。現在、金融機関では、「70歳、または75歳、80歳までで最長35年」といった条件が設定されています。

例えば、現在35歳の人が35年返済を続けると、完済年齢は70歳となってしまいます。
公的年金の支給が65歳からで、退職金制度をなくす企業が増えている時代に、70歳まで返済することが本当に可能なのか、慎重に検討する必要がありそうです。

ただし、繰上返済が確実に見込めるのであれば、返済期間をやや長めに設定することも一つの方法だと思います。その場合でも、繰上返済のシミュレーションを行ったうえで予定完済年齢を確認することが望ましいと思います。


●無理なく返せる借入額の計算!

「毎月無理なく返せる額」と、「無理なく返し続けられる年数」がわかれば、「無理なく返せる借入額」が試算できます。
例えば、「毎月無理なく返せる額」が10万円で、無理なく返し続けられる年数が30年で金利1.5%で試算すると借入可能額は約¥2900万円となります。これが「無理なく返せる借入額」の目安となります。

負担の大きいローンを組むと、その後のライフプランに大きな影響を及ぼしかねません。家計に占めるローンの負担割合に気づくことが大切だと思います。

●実際に借入れが可能かどうかは金融機関の審査によります。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス