まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

宮本裕文プロのコラム一覧:ちょっと一息しませんか。

 おもしろい記事 ちょっと一息しませんか●おもしろい記事がありましたとあるラーメン店で、自由に食べれる辛子高菜がテーブルに置いています。ある客が、ライス(小)のみ注文し辛子高菜ライスとして食べて帰ります。(ラーメンは注文しません)そしてまた来店、ラーメン店の店主が「う...

 心理的瑕疵 ちょっと一息しませんか●余計な一言?ありがたい一言?心理的瑕疵某大手住宅会社の営業社員さんが頭を抱えています。担当のお客様は、土地も購入済み、建物の請負契約も締結、建物部材発注も完了、あとは棟上げを待つだけです。●先日、地鎮祭を執り行ない敷地内で雑談をし...

 報酬の受領時期とその他の費用の精算は? ちょっと一息しませんか●報酬の受領時期宅地建物取引業者は、報酬請求ができる場合でも、37条書面(売買契約書)を作成し契約の当事者に交付した後でなければ、報酬を受領することはできません。ただし、受領の時期は、この書面(売買契約書)交...

 建築物とは? ちょっと一息しませんか●建築物とは?一般的に建築物とは、土地に定着する工作物のうち、屋根があり、柱又は壁があるもの、(屋根と柱で建っているか、屋根と壁で建っているもの)をいいます。つまり、土地に定着していることが建築物の第一条件です。ただし、...

 原状回復の費用算定の手順(イメージ) ちょっと一息しませんか●「原状回復」 その手順ガイドラインでは、原状回復の費用算定の手順(イメージ)を、次のように示しています。①まずは、物件の状況(対象箇所の汚損・破損の状況)を確認します。②その結果、経年劣化・通常損...

 明認方法 ちょっと一息しませんか●おもしろい判例先日、テレビで立木の所有権譲渡に関して、裁判所の判断を紹介していました。とても古い法律で、立木の所有権譲渡のみ適用されるとのことですが。(最初から観ていなかったので、間違いがあればご容赦ください。)(事例)立...

 オフィスビルのテナント契約と原状回復 ちょっと一息しませんか●事業用賃貸物件の原状回復一般的に、オフィスビルの賃貸借においては、契約の終了後、新たな借主に賃貸する必要から、借主に賃貸物件のクロスや床板、照明器具、また場合によっては天井を塗り替えることまで原状回復義...

 契約の解除 ちょっと一息しませんか●「契約の解除」と「契約の解約」、どのような違いがあるのか?●契約解除の意味①契約の解除(解除)契約が締結された後に、当事者の一方的な意思表示により、契約がはじめから存在しなかったのと同じ状態に戻す効果を発生させることを「契...

 機能性に不満 ちょっと一息しませんか●不満のNO.1は機能性LIXIL住宅研究所の調べでは、賃貸住宅に住む既婚女性の75%が賃貸住宅の機能性に不満をもち、その35%が引越しを考えているとのことです。ほぼ不満があると言っても過言ではない気がします。また、具体的な不...

 借地と借家 更地と空地 ちょっと一息しませんか●借地土地の利用が、建物を建てる目的であれば、民法の適用はもちろん、借地借家法の適用もあります。その場合、借地借家法が民法に優先しての適用となります。●借家住居に限らず、一般的な建物の利用については基本的に借地...

 前に勤めていた不動産会社から持ち出した顧客名簿 ちょっと一息しませんか●B社からC社への転社(事例)仲介営業マンのAは、所得を増やすために歩合給の比率が高いC社に転社した。その際、Aは前に勤めていたB社から顧客リストを無断で持ち出した。C社に転社したAは、そのリ...

 成約に至らないと「無償の奉仕」? ちょっと一息しませんか●不動産取引において、一番の顧客サービスは?あくまでも私の考えですが。例えば、顧客に商品購入を勧めるとき、商品の説明や顧客の質問に答えたりして、安心して商品を買ってもらうことが顧客サービスといえると思いま...

 更新料の支払義務 ちょっと一息しませんか●先日、ユニークな相談を受けました。「賃貸借契約の更新料を支払っていないけど、契約は継続しているのか?」、不安なのであれば支払えば済むことですが。●今回(相談)の更新料についての内容は、・契約時に説明は受けている(...

 宅地建物取引士 ちょっと一息しませんか●平成30年6月1日に平成30年度 宅地建物取引士資格試験のスケジュールが発表されました。①試験案内配布平成30年7月2日(月)~7月31日(火)まで②受験申込の受付郵送:平成30年7月2日(月)~平成30年7月31日(火...

 滅失、毀損 その負担は? ●滅失と毀損滅失→使用(住めない)できないほどの状態毀損→修繕や補修をすれば使用(住める)できる状態地震等による被害が建物の滅失までではなく、修復が可能な毀損の場合には、標準契約書の条項では、売主は物件を修復したうえで引き渡すことと明記...

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス