まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

賃貸借契約は消費者契約か?

賃貸借契約の注意点。

2015年9月19日 / 2018年9月13日更新

消費者側が契約を取り消す権利。

消費者契約法は、「事業者」と「消費者」との間で締結される契約(消費者契約)について、
事業者と消費者では情報の量や質、交渉力に大きな差があるという前堤のもと、消費者
側に契約を取り消す権利を与え、不当な内容の条項を無効とするなどにより、消費者の利
益を保護することを目的としています。

この場合の事業者とは「法人その他の団体及び事業として、または事業のために契約の
当事者となる場合における個人」とされています。
よって、賃貸借契約においては経営の規模や専門知識の有無を問わず、アパートの貸主
や投資用マンションの貸主も一般的に事業者とされます。

消費者とは「個人(事業として、事業のために契約の当事者となる場合を除く)」とされます。
したがって、会社員や学生等の借主は消費者に該当し、「個人が事業目的によらずに借主
となる場合」・・・その賃貸借契約は消費者契約に該当し、消費者契約法の適用があると
されています。

その結果、契約の取り消し・不当条項の無効・特約の内容に係る規制などが適用されます。
会社員の借主が、会社員の貸主に消費者契約法に基づき、契約の取り消しを求める・・・
              ・・・なんだか不思議な感じです。・・・


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス