まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

貸主と借主の信頼関係の破綻と契約の解除。

賃貸借契約の注意点。

2015年9月16日 / 2018年8月17日更新

信頼関係の破綻で契約の解除は可能か?

すべての契約は当事者同士の信頼関係により成り立っているといえます。

例えば、「ペット飼育可」の賃貸マンションで、通常の許容範囲を超えた、
ペットの飼育があった場合に、契約の解除は認められるのでしょうか?

「ペット飼育可」の賃貸物件は増えていますが、その一方でトラブル事案も
多く発生しています。「小動物なら飼育可」の場合でも、柴犬程度なら小動物
と解釈する人もいるかもしれません。そして、借主がペットを飼育することで
建物を汚し、損傷し、他の入居者に損害や迷惑をかけることにより、貸主や
管理会社に苦情が寄せられる結果となります。

そして「ペット飼育可」の賃貸マンションで、その飼育を理由に契約の解除
を認めた判例があります。

裁判所の判断は、「ペットの飼育が居住に付随して通常許容される範囲
を明らかに逸脱して、契約当事者の「信頼関係を破綻」する程度に至った
と認められる限り、賃貸借契約における用法違反になる。」・・・として解除
および明渡請求を認めています。

賃料の滞納もそうですが、「信頼関係の破綻」は契約解除の最大の理由
となります。

○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス