まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

滞納賃料の催促無視と鍵の取換え。

不動産は奥深い。

2015年9月18日 / 2018年9月13日更新

実力の行使。


賃料を滞納している借主に対し「○月○日までに滞納賃料を支払わない場合には
、部屋の鍵を取換える。滞納賃料の支払と引換に、新たな鍵を渡す。」・・・などの
実力を持って滞納賃料を回収する行為・・・以前、よくあったトラブルの事例です。

もちろん、賃貸借契約における、借主の最大の義務は賃料を支払うことです。その
賃料支払義務を怠っていることは、最大の契約違反をしていることになります。

しかし、借主が契約違反を犯しているとしても、貸主が法律に基づく手続きをとらず
に、自身の権利の実現をはかることは禁止されています。

借主の留守中に鍵を取換え、勝手に荷物等を撤去するなどは不法行為とされ、
借主はそれにより生じた損害を、貸主に賠償請求することも可能となります。

そして、この行為は住居侵入罪にあたる場合もあり、自分の権利の実現を実力をもっ
て行使した場合には、自身が罪を問われる最悪の結果になりかねません。

つまり、貸主は滞納賃料の支払い、契約の解除、建物明渡しについて、借主との
話合いで解決しなければいけません。
もし、解決が期待できないのであれば・・・法的手続きにより問題の解決を図ること
となります。
      ・・・コラムテーマ 不動産 「自力救済の禁止。」参照・・・


○随時、不動産相談の受付をしています。 086(253)1217
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の売買・賃貸コンサルタント 
○料金表 http://mbp-okayama.com/tomisyo/service1/

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share