まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

コラム

建物明渡の強制執行。

不動産は奥深い。

2015年6月15日 / 2018年8月10日更新

「強制執行」、国家機関が権利者の権利を強制的に実現する手続きです。簡単な流れですが
*強制執行の申立 *執行官との打ち合わせ *明渡の催告 *断行となります。
私は一度だけ断行日に立会った事があります。執行補助者が部屋から荷物を運びだしますが、
その手際の良さには驚きました。そして何より、強制執行の怖さを知りました。

先日、悲しい事件の判決がありました。強制執行断行日、執行官等が室内に入ると中学生の
お嬢さんが亡くなっていました。隣で母親は、そのお嬢さんの頭を撫でながら、放心状態で小さい
頃のビデオを観ていたそうです。
生活に困窮し、生活保護も受給せず公判では「もっと色々な人に助けを求めるべきでした。」と・・・。
子供の将来を悲観し、自らの手で・・・。本当に痛ましい事件です。
求刑は懲役14年 判決は懲役7年 重いのか、軽いのか わかりません。

私(当社)も積極的に住宅困難者の支援をしていますが、やはり現実は厳しいです。

*随時、不動産相談の受付をしています。ご予約優先となります。
*岡山市の不動産コンサルタント 宮本裕文

(親子。)

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス