まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
福本智恵子

体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ

福本智恵子(ふくもとちえこ)

Cosmos(コスモス)

お電話での
お問い合わせ
090-5703-4877

コラム

赤ちゃんが自分の手を舐めるためには努力が必要

赤ちゃん

2016年5月3日

■ お腹の中で指しゃぶりできる赤ちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんが自分の手や指をしゃぶるのを見ると、どのようなことを思いますか。

「お腹が空いたのかな」
「眠たいのかな」
「口が寂しいのかな」

自分の欲求を満たすためかなと思いますね。

赤ちゃんはお腹の中にいる時から自分の指をしゃぶっています。
手を顔の近くに持ってきたり、額のあたりを触ってみたりしながら、口に運んでしゃぶります。

生まれてから首がすわる前では、顔は左右のいずれかに向いています。
顔が向いている側の手が口元に触れれば、口を開けて手をしゃぶります。
うつ伏せにすると手をしゃぶりやすくなります。
顔は下ではなく、横に向きますので、顔が向いた方の手をしゃぶります。


■ しゃぶるからこそ分かること
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このしゃぶるという行為は、これから手や指を使って細かい動きをしていくために
とても重要な意味を持っています。
口唇や舌でしゃぶっているもの(手・指や物)がどんな感触なのかを探り、
しゃぶられている手は何かが自分の手に触れていることを感じています。

私達は自分の手をしゃぶることはしません。
それはしゃぶらなくても自分の手であること、からだの一部分でどのあたりに
あるかということを知っているからです。

赤ちゃんはお腹の中でしゃぶりながら手の存在を感じていました。
しかし、生まれてしばらくは自分の手を思い通りに動かすことができず、
口に運んでくることさえもできないのです。


■ 重い・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、重力が影響しているからなのです。
仰向けに寝かされてる時には、両腕はからだや顔の横で布団などの上に置いている状態です。
しゃぶろうと思えば、腕を持ち上げて、手を口元に持って来ればいいのです。
しかし、この頃の赤ちゃんにとっては片方の腕を床から持ち上げることさえできません。
腕が重たいのです。

お腹の中では羊水の中にいるので重力の影響はあまり受けていません。
私達は生まれた瞬間から重力を感じ、腕を持ち上げようにも重力の重みによって
からだを思うように動かせないのです。

顔が横に向いていれば、あまり持ち上げずに顔の近くに持ってくることができるので、
首がすわる前でも手をしゃぶることはできます。
首がすわってくるとともに顔は正面に向き始め、腕も床から持ち上げられるようになって
自ら手を口に持ってきます。


■ 重さに慣れてくると・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃は、両手を顔の前で合わせてじっと見つめてから舐めてみる。
口から離して、また見つめては舐めてみることを繰り返します。
自分の目の前にあるものを
「これって何だろう??」
と見つめ、それを知るために舐めてみる。

「あれ??」
「なんだか舐められている」
口から離すと
「さっき舐められていたのに・・」

赤ちゃんはこのようにして手を動かし、舐めてみて感じて、また見て動かして、
それを舐めてみて、ということを繰り返しながら自分の手の動きやからだの中での
つながりを作っていきます。


●○● Studio Grace Mam ママ&ベビー専門スタジオ ●○●
~赤ちゃんの脳の発達を促すケア&コンディショニング~

《赤ちゃんの発達を促し、脳とカラダとココロを育む講座》

赤ちゃんの発達段階に応じて、運動発達を促し、しなやかな動きを身につけます。
よい姿勢は生まれた時からのからだの使い方で作られていきます。
お母さんとのふれあいや遊びを通して、アタッチメントを形成し、
からだもこころも健やかで豊かに育んでいきます。
お母さんの産後の姿勢づくりにより、体型をもどし、腰痛・肩こりなどを解消。
子育てに必要な体力をつけ、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう。

*お子さんの状況に応じて、お母さんがしてあげたいことを学べる内容です。
赤ちゃんのことを知れば知るほど「目からウロコ」です。
知らないまま過ぎてしまうのはもったいないお話と実技ばかりです!

★ 赤ちゃんの発達のケア&コンディショニング講座 Ⅰ
(ねんね~腹這いクラス)
★ 赤ちゃんの発達のケア&コンディショニング講座 Ⅱ
(四つ這い~たっちクラス)
★ 賢いママの子育てセミナー
赤ちゃんの発達を学ぶ
幼児期以降の運動能力・学力と姿勢の関連を学ぶ
正しい抱っこや育児用品についての知識を学ぶ
向き癖・反り返りなどの対処法を学ぶ

◆ Studio Grace Mamの詳細は・・
http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

● Cosmos
「健やかなからだ」と「豊かなこころ」のトータルサポート

http://cosmos-c-c.jimdo.com/

● Studio Grace Mam
「赤ちゃんの発達を促すコンディショニング」&「産後ケア」
0歳児の育脳は「よい姿勢」と「しなやかな動き」の基礎をつくる

* 電話による「発達の相談」をお受けしています。

http://cosmos-c-c.jimdo

この記事を書いたプロ

福本智恵子

福本智恵子(ふくもとちえこ)

福本智恵子プロのその他のコンテンツ

Share

福本智恵子プロのその他のコンテンツ