まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

天気の急変にご注意ください。

時事ネタ「交通事故」

2016年11月25日 / 2017年3月3日更新

先日は,関東地方で,観測史上初という11月下旬での積雪がありました。

他人事ではなく,もちろん,関西でもおこりうるのが天気の急変です。

少し前のコラムで,雨の日の事故の発生の多さにつき,書いたことがあります。

つまり,雨の日は,路面が濡れて滑りやすいので,制動距離(ブレーキを踏んでから停止するまでの距離)が,晴天の日と比べて,かなり長くなるというデータを示して,事故が多くなる理由を説明しました。

もちろん,制動距離が長くなるという要素以外にも,雨の日は,晴天の日に比べて周りが暗かったり,ガラスにつく雨粒で視界が悪くなったりする結果,危険を発見するのが遅れるという要素も大きいと思います。

しかし,それ以上に恐ろしいのが,雪の日や雪が積もった状態でしょう。

いくらスタッドレスタイヤ等を履いていたとしても,滑り出したら,数十メートル進んでしまう事例もあります。

雪が舞っていたりすれば,周りは見えづらく,雪や霜がついたガラスの視界は雨の日以上に悪いでしょう。

そんな日の事故率の大きさは,雨の日以上です。

雪等の天気の急変に備えて,チェーン等を用意することも大切でしょうが,天気の急変が予想される日は,むしろ,運転しないほうが良いでしょう。

やむを得ず,運転せざるを得ない場合は,チェーン等万全の備えをし,スピードを落とし,周りに最大限の注意を払って運転する等,いつも以上の注意をもって,運転するべきです。

ただ,それでも,周りの車が滑ってきて,ぶつかってくるということもあり得るのが,交通事故の恐ろしいところです。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ