まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

笠中晴司プロのご紹介

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

丹波橋駅前に事務所を構え、交通事故問題を相談しやすい環境と最善の提案を用意

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消耗し、解決の糸口が見つからないケースが少なくありません。

 丹波橋法律事務所の弁護士である笠中さんは、そうした悩みを抱える人に「まずは相談してみてください」と気軽な問い合わせを勧めるため、アクセスしやすい京阪丹波橋駅前に開業し、初回の相談は無料に。やわらかな物腰で、依頼者の話を丁寧にヒアリングしています。「『事故対応のプロ』である保険会社と対抗するには、こちらも『プロ』の意見を取り入れるべきです。法律は複雑ですし、保険会社から出てくる“示談”、“慰謝料”、“後遺障害”、“遺失利益”などの言葉にはなじみがなく、不安を感じるでしょう。まずは専門家の話を聞くことが、解決への第一歩です」

 たとえば交通事故の被害者側が保険会社から提示される慰謝料は、交渉次第でより納得できる金額になることもあるといいます。また、後遺障害が認められるかどうか、その等級が何級になるのかによって、認められる損害賠償の金額は異なります。「どの程度の後遺障害が認められるかで、慰謝料は大きく変わってきます。後遺障害の等級は14段階もあり、1段階上がれば金額も百万円単位で上がるのです」。弁護士が相談を受け、等級アップの可能性があると判断した場合は、病院からの診断書などを用意して異議を出します。「この診断書が、等級決定の根拠資料になることが多いため、症状のポイントを明確にしたり、文章表現を検討してもらえるように知恵を絞るのが私の役割です。同じ症状でも、診断書の書き方次第では、認められるべき後遺障害も認められなくなってしまいます」

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ