まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

「ひき逃げ」は絶対にダメです。

時事ネタ「交通事故」

2016年11月29日 / 2017年3月3日更新

最近,高齢者の事故とともに,いわゆる「ひき逃げ」に関する事故の記事を見ることも多いような気がします。

そこで,いわゆる「ひき逃げ」の場合の処分につき,簡単に書きます。

「ひき逃げ」ですので,これは,あくまで,「人身事故」が問題となります。

ただ,物損の場合でも,警察に対する届け出等を怠ったりすると「あて逃げ」(危険防止措置義務等違反,交通違反点数は「5点」,刑事処分は,「1年以下の懲役または10万円以下の罰金」)になる可能性がありますので,警察に届ける義務があることに変わりはありません。

話は,「ひき逃げ」に戻りますが,「ひき逃げ」とは,道路交通法72条1項に定められている,交通事故を起こした場合に運転者などに課されている「救護義務」と「報告義務」を履行せず,事故現場から逃げ去ってしまったことを言います。

「救護義務」は,文字通り,怪我をされた方に対し,「救護する措置をとること」等であり,「報告義務」とは,警察に対し,「事故の発生と怪我をされた方の有無や状態等を報告すること」等です。

次に,「ひき逃げ」にあたるとされた場合の処分ですが,刑事処分と行政処分の2つがあります。

刑事処分としては,傷害事故の場合は5年以下の懲役または50万円以下の罰金,死亡事故の場合は,10年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

そして,行政処分は,交通違反の点数が,軽症の傷害事故であっても,35点となります。

35点ですよ!

これは,酒酔い運転等と同じ点数で,集団での暴走運転等があたる「共同危険行為等禁止違反」の25点より高い点数となります。

35点の違反点数が科されると,以前に何も違反がなかったとしても,免許取り消しのうえ,欠格期間といって,免許の再取得ができない期間が3年となります。(以前に違反の点数がたまっていたりすると,さらに処分が重くなるのはご存知だと思います)

これだけの重い処分を科しているのは,もちろん,被害者の身体と生命を守るには,一番最初の発見者であるはずの相手方が,きちんと措置をさせることが必要ということからです。

あと,最後になりましたが,ひき逃げの場合は,民事でも,慰謝料の増額要素となる場合があります。

表題の繰り返しですが「『ひき逃げ』は絶対にダメです。」

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

関連するコラム

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ