まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

笠中晴司プロのコラム一覧:交通事故理論

予見可能性の説明の後は,回避義務につき,説明します。予見可能性のところで,「交通事故では(特に加害運転者の場合),予見可能性よりも予見義務が重視されているのでは」という指摘をしましたが,回避義務のほうでは「交通事故では(特に加害運転者の場合),回避可能性がある...

昨日のコラムで,損害賠償義務の判断のうえで,「注意義務違反(≒過失)」があると判断されるのは,「予見可能性」があったうえで,「回避義務」があったと判断される場合に限定されると説明しました。では,これを交通事故にあてはめると,どうなるのでしょうか。まず「予見可能性」とは,...

東日本大震災時の大川小学校での不幸な出来事に対し,第一審の判決が出ました。裁判の中身については,新聞報道以上の情報はありませんので,コメントを差し控えます。ただ,新聞に載っていた「注意義務違反」やそれを根拠づける「予見可能性」と「回避義務」については,交通事故等の事故に...

自賠責の後遺障害認定に不満がある場合の具体的手続きを説明します。1 自賠責保険に対し,異議申立てを行う。  一度自賠責保険で出た認定に対しては,自賠責保険に対し,再考を促す異議の手続きをとることができます。  この手続きは,一度だけでなく,何回も繰り返しすることは可...

交通事故における後遺障害の認定については,何回か書きましたが,もう少し詳しく書きます。交通事故でケガをし,後遺症(後遺症と後遺障害の違いについては,別コラムを参照ください)が残った。この場合,まずは,自賠責保険に対し,後遺障害の認定をしてもらうことになります。しか...

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例を挙げました。(事例1) 別冊判例タイムズ№38の104図  当事者      四輪対四輪  発生場所    通常の四つ角交差点(一方のみに,一時停止の標識あり)...

交通事故の損害賠償において,とても大切な「過失割合」。では,どのようにして決まるのでしょうか。簡単にいうと,過去の判例からまとめられた,事故類型ごとの過失割合を決めた本(別冊判例タイムズ№38)があります。そして,その本にある事例にあてはめることができる事案は,この...

今回は,過失割合に関して,よく使われる言葉「もちわかれ(自損自弁)」につき,説明します。この言葉に関して,よく誤解されるのは,「過失が5:5だから,『もちわかれ(自損自弁)』となる」ということです。これは,何度も言いますが,「誤解(間違い)」ですので,気をつけてください。...

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうものです。  でも,その過失割合をなぜ決定する必要があるのか,そして,その意味を正確に理解されていない方も結構います。まず,過失割合が問題とされるのは,過失割合によ...

「セカンドオピニオン」文字通りに訳すれば,「第2の意見」です。転じて,医療行為につき,「より良い治療法を見出すために,主治医以外の医者からも聞く意見」(広辞苑)という意味で使われることが多いと思います。そして,医療における医師以外でも,依頼している専門家以外の第2...

これまで何回か述べていますが,交通事故の被害者になった時,後遺障害を認定してもらえるかどうかで,その賠償額は大きく異なってきます。後遺障害の認定をしてもらうのには,「症状固定」した後に「自賠責後遺障害診断書」という書類を作成して,自賠責保険に申請をするのですが,自賠責後遺...

私のコラムで何度も出ています「後遺障害診断書」。正式には,「自動車賠償責任保険後遺障害診断書」と言います。ただ,言葉だけではなかなかイメージと思いますので,今回は,用紙の現物を次のとおり添付してみます。少し説明すると,「自動車賠償責任保険」(略して「自賠責(...

交通事故に遭い,怪我をした。  ↓事故前にはなかった痛み(首や腰等)が半年以上経過しても続いている。  ↓これは,事故による「後遺症」だ。不幸にも,交通事故でお怪我をされた経験がある方であれば,そのようなお気持ちを持たれることは当然です。ただ,ご説明しないとい...

交通事故の事件で,よく被害者の方から言われることがあります。「私は被害者なのに,何故,こんなに頑張らないと賠償が受けられないのか。交通事故でこんなに痛い思いをしているのに,さらにこんなに苦労して,賠償請求しないといけないのはおかしい。」「加害者は,保険会社任せで何もし...

3 「症状固定」に関するよくある誤解(1)「症状固定」をした後は,治療をしてはいけない? (違います)損害賠償関係の解決のため「症状固定」をある時期に決した後でも,治療を継続するのは,被害者である患者さんの自由です。よって,お医者さんと相談のうえ,最善のことをされれ...

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ