まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

交通事故体験記5~発生から示談成立まで~

個人ネタ

2014年5月19日 / 2017年3月3日更新

1 事故当日の病院受診

 事故の警察処理が終わり,相手との連絡先交換をした後,自動車を運転して,
帰宅しました。

 そして,まだ,夕方の受診時間のうちでしたので,そのまますぐに,自宅近く
の整形外科を受診しました。

 医師に対し,自分の症状を説明し,頸部のレントゲンを撮影することとなりました。

 レントゲンの結果は,「経年性の脊柱管狭窄は見られるものの,特に,骨折等,
交通事故を原因とするような症状は見えない」(簡単に言うと,「それほどの重傷
ではない」ということです)ということでした。

 そこで,その日は,痛み止めの薬をもらい,そのまま帰宅することとなりました。

 なお,1回目の受診については,病院に対し,自分で治療費を支払いました。

 ただ,最初に受診する時に「交通事故による受診である」旨の申告をし,
「加害者側の保険会社名を告げておきました」ので,後日,保険会社と病院の話が
ついた段階で,最初に支払った治療費も後日(2回目の受診時),返還をされる
こととなりました。

 そして,2回目の受診時からは,治療費の支払いは,保険会社に対し,請求する
という形で進んでいきました。  


2 事故当日(あるいは翌日)の受診の大切さ

 骨折等がある場合は,当然痛みで耐えられず,そのまま救急車で運ばれるのが
通常でしょう。

 ただ,鞭打ち程度の軽傷の場合,救急車で運ばれてしまうと,自動車を置いて
いく不都合があったり,また,その後の予定が狂う等の理由で,救急車を利用
しない場合がほとんどかと思われます。

 しかし,救急車で運ばれない場合でも,「可能な限り,事故当日」,「無理なら
翌日」,「最悪でも,休日を挟んでの週明け」には,病院を受診するようにしましょう。

 なぜなら,いくら当初は出てこないことのある鞭打ち等の症状でも,2日以上何も
症状がなく,3,4日経って症状が出てくるというのは,あまり考えづらいからです。

 また,「症状が出ているにもかかわらず,忙しくて病院に行きづらい」というのは
それぞれの方の事情として,「理解できないではありません」が,「加害者側(特に
保険会社)には,その理屈は通じません」。
 
 「痛い」→「病院に行って治療に受ける」
逆に
 「病院に行っていない」→「痛くない」「怪我はない」
となるのです。

 よって,できるだけ早期の病院の受診は必ず必要です。


3 接骨医でも良いのか?

 「病院は待ち時間が長いから」,「病院は遠いし,受診時間に行くのが難しいから」
と言って,接骨医に行くだけで,病院の受診をされない方がいらっしゃいます。
  
 失礼な言い方になるかもしれませんが,「接骨医」は「医師」ではありませんので,
当然,保険会社の取り扱いも異なります。

 やはり,確実に診断をしてもらうには,「医師」の受診が必要です。




 

  

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ