まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

痛みに耐えるレッスン?もう卒業しましょう うまさきせつこのボディコントロール

発想を変えて前向きに生きる

2013年7月20日 / 2014年8月22日更新


痛みに耐えるレッスン?もう卒業しましょう

「痛みに耐えることがレッスンだと思っていました。」
「え~っ!無理!やめて~、と言うのに、できるのに近づけるものだと
思っていました。」
どれだけMやねん(・_・;)
と、言ってる私も、昔はそれに近い思いを抱いておりました。
無理矢理に脚を開こうとして、筋を切ったこともあります。
でも、今はそんなに痛い、辛い思いをしなくても
可動範囲は広がっていきますよ~と今は思っています。
もちろん、昨日まで腰が痛くて歩くのも大変!という人に
「頭の上まで脚を上げたいんだけど」と言われても
一足飛びのそれは無茶と言うもの。
でも、「股関節が固くて脚が開かないんです」
「膝がきれいに伸びないんです」
「腕を上げると肩も全部ついてきます」
こんな人が、「あれ!?痛くないじゃん。すごく楽だわ」
と、感じられるようになり、
そこから発展して、あきらめていたことができるようになるのは
可能な話だと思います。
体が本来持っている力が出せる骨の位置を整えてやり
自然に動く方向を誘導すると
体は反応してきます。
先日、パーソナルでレッスンした方も、昨日、体験レッスンを受けられた方も
開かない脚が痛くなく開き、脇が伸びていく感覚にびっくりされていました。
「そんなになるんだったら、私もやってよ!」
いえいえ、「してもらう」んじゃないんです。
多分、ごく一般的に為されている体の使い方とは違うので
「え!嘘!こんなふうに習ってないよ」
それもそのはず。
今までやってきたこととは違うものですから。
全て、体の中心から送り出していくので、戸惑われますし
「難しい」と思われる方もいます。
「難しい」と言われる方は、筋肉をガンガンに鍛えておられる方が多いです。
自分ができないことをできるようになるには、もちろん精神力が必要。
でもできないやり方を根性で続けても、思うようにはなりません。
「痛みに耐えるのがレッスン(練習)」から卒業するには
新しい頭への切り替えが必要です。

「うまさきせつこのボディコントロール」の詳細
うまさきせつこモダンバレエ研究所 新ホームページ
ブログ せつこのゆったり自分コントロール

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ