マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ) / 弁理士

プロシード国際特許商標事務所

コラム

国によって漢字の意味が違う

2022年8月6日

テーマ:商標法

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 企業法務マーケティング戦略企業ブランディング

プロシード国際特許商標事務所の弁理士の鈴木康介です。

日本と中国は漢字を使っています。

当然のことながら、日本でも中国でも漢字が含まれる商標が登録されています。

日本で漢字を使った商標をそのまま中国で商標出願する会社もありますが、中国に出願する前に商標に使用している漢字の意味を確認することをお勧めします。

例えば、日本では手紙と言えば、郵便局が運ぶはがきや封書の意味です。
一方、中国で手紙といえば、ちりがみや、トイレットペーパという意味です。

このように、同じ漢字でも意味が違うことがあるため、漢字を使った商標の場合、現地で意図していない誤解が発生する可能性があります。

海外に商標出願する場合には、商標調査だけでなく、別の意味がないか確認した方が良いと思います。

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/
Blog:https://japantrademark.blogspot.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)

Share

関連するコラム

鈴木康介プロのコンテンツ