マイベストプロ東京
鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(すずきこうすけ) / 弁理士

プロシード国際特許商標事務所

コラム

知財訴訟制度の見直し議論

2020年4月6日

テーマ:特許法

コラムカテゴリ:法律関連

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

現在、産業構造審議会知的財産分科会では、AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度と、知財訴訟制度の見直しが議論されているようです。

知財訴訟制度の見直しでは、以下の4つが議論の話題となっています。

 1。二段階訴訟制度
 2。アトニーズ・アイズ・オンリー
 3。アミカス・ブリーフ
 4。代理人費用の敗訴者負担

二段階訴訟制度の見直しや、代理人費用の敗訴者負担は多方面に影響を与えるため、導入が難しいかもしれませんが(そもそも必要性があるかという話もありますし)、アトニーズ・アイズ・オンリーと、アミカス・ブリーフは導入されるかもしれませんね。

参考:第37回特許制度小委員会 議事次第・配付資料一覧

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

鈴木康介

アイデアやブランドなど知的財産を守り、中国に強い弁理士

鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)

Share

関連するコラム

鈴木康介プロのコンテンツ