マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ) / 不動産コンサルタント

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

固定資産税など 公租・公課 その分担と負担と起算日

2020年1月17日 公開 / 2020年2月21日更新

テーマ:売買契約

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 土地購入 税金

負担と分担


●公租・公課とは、固定資産税、都市計画税等の土地建物に課せられる税金です。

固定資産税、都市計画税はその年の1月1日現在の登記名義人に対して課税されます。
よって、年の途中で売買により所有者が替わっても、その年の分については既に売主に課税されており、買主に課税されるのは翌年からとなります。

しかし、売主と買主との間では、売買によって所有権が移転した日を境に精算する方法が公平と考えられ、一般的となっています。

多くの場合、引渡しの前日までを売主が、引渡し以降の分を買主が、それぞれ負担することにしています。

また、賃料等の収益や、マンション管理費等の負担金も公租・公課の負担と同じ基準とされ、同様の扱いにしています。

●公租・公課の精算起算日について。

固定資産税等は年額で定められていますので、「令和○年度固定資産税」令和○年1月1日から12月31日までとする考え方と、令和○年4月1日から翌年3月31日までとの考えもありますので、あらかじめその起算日を決めて、明示する必要があります。

このように、公租・公課、収益、負担金は決済時に精算し、その起算日は契約時に定めて、明示します。

●一般的には、1月1日を起算日とすることが多いと思います。



●メール相談の件数が増えています。対応は全て受付順となりますので予めご了承ください!

ご相談の流れ 料金は安心の一律¥3000円

○不動産の相談
個別相談、電話相談、メール相談 料金は一律¥3000円です。
○営業時間
平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00
○定休日
日曜・祝日・臨時休業あり

この記事を書いたプロ

宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(有限会社富商不動産販売)

Share
関連するコラム

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

 

不動産の個別相談、電話相談、メール相談 料金は安心の一律¥3000円です。お気軽にお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス