マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ) / 不動産コンサルタント

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

○離婚 赤の他人が共有者○

2020年1月15日 公開 / 2020年2月21日更新

テーマ:ちょっと一息しませんか

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 離婚問題

結果、他人が共有者


ちょっと一息しませんか

●離婚、不動産の名義整理は重要です。

所有している自宅の共有者が、赤の他人だったら?あり得ないことではありません!


結婚して自宅を購入、夫婦の共有名義、夫婦で連帯債務、しかしその後、離婚。
この時点で、不動産の名義整理をするべきですが、夫婦の一方が住み続け他方が出て行き、名義はそのままなどのケースは意外と多いと思います。

結果、戸籍上の他人が共有者になっているわけです。

当然、将来的にトラブルは容易に想像できます。一方の共有者が売却を希望しても、他方の共有者が売却拒否、または連絡不通、行方不明、などで自宅は塩漬けの状態となります。


●連帯債務も免除されることはありません!

また、連帯債務も金融機関が認めてくれない限り、免除されることはありません。
免除(解除)されるには、一括返済・他方の共有者名で住宅ローンの借換え、または他の連帯債務者を探すなど困難が予想されます。

●一方の共有者の持分を全て他方に渡した場合、連帯債務は?

(事例)連帯債務で自宅を購入、自宅持分、夫2分の1、妻2分の1のケースでは
離婚後、妻が夫に自宅の持分(2分の1)をすべて渡したとしても、それで妻の負担している連帯債務の責任が免除されるわけではありません。そして、連帯債務の責任が残るということは、夫がローンの支払いを怠った場合、妻にその支払い請求が来るということです。

妻としては、所有も居住もしていない住宅のローンを払うの?と思うかも知れませんが 。


●そして、元、夫・妻の再婚、子供の誕生等で相続も複雑になります。

最近ではDV被害者が配偶者との名義整理したくても、話合いするのが怖い、話が出来る人でない等での名義整理を放置しているケースもあり問題となっています。

この場合は迷わず法律の専門家に依頼すべきだと思います。整理されていない不動産名義は、いつかトラブルになりそうです。

ちょっと一息でした



●メール相談の件数が増えています。対応は全て受付順となりますので予めご了承ください!

ご相談の流れ 料金は安心の一律¥3000円

○不動産の相談
個別相談、電話相談、メール相談 料金は一律¥3000円です。
○営業時間
平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00
○定休日
日曜・祝日・臨時休業あり

この記事を書いたプロ

宮本裕文

不動産コンサルティングのプロ

宮本裕文(有限会社富商不動産販売)

Share
関連するコラム

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

 

不動産の個別相談、電話相談、メール相談 料金は安心の一律¥3000円です。お気軽にお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス