まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

口頭での契約 契約自由の大原則

不動産のトラブルいろいろ。

2018年6月30日 / 2018年9月13日更新

大原則 契約は自由です!


●不動産取引 口頭での契約でも大丈夫?

公序良俗に反しない限り、どのような内容の契約を、誰と、どのような方法で締結し、または締結しないかは、全て個人の自由であるとする原則です。

個人間の権利義務について国家は口出しすべきでない、という民法の個人主義的思想の形です。しかし、公序良俗に関しては、個人の解釈によって差がでることもあります。

また、公序良俗以外にも、当事者が自分の都合の良いように解釈したまま契約した場合、色々なトラブルが予測されます。それを回避するには、やはり、契約書の作成と約款の確認です。約款内容と自身の解釈が違えば調整することも、取止めることも可能です。

特に不動産取引においては、価格・引渡し時期・違約金の額・ローン特約・その他の条件などの様々な取り決めがあります。(口頭での契約では当事者間の権利と義務が曖昧になり、不安定な取引となります)

不動産取引に限らず、口約束での契約では、解釈違いによりトラブルが起きる可能性が高くなります。多少の時間や費用は掛かりますが、契約書作成と当事者間での確認は重要な作業です。

●契約書の作成もサポートしています。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。
○電話相談も受付しています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share