まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

コラム

「賃貸借契約の成立時期」 申込証拠金(申込金)なのか手付金なのか

賃貸借契約の注意点。

2018年1月18日 / 2018年8月15日更新

契約はどういう場合に成立するか。


●申込証拠金?手付金?その判断は

事例

Aさんは、賃貸専門の宅建業者と賃貸マンションを内覧しました。そして物件を気に入り「申込証拠金」として、賃料の1ヶ月分を支払いました。翌日、もう少し考えてから決めようと思いキャンセルの連絡をしたところ、業者の言い分は「申込証拠金は、既に家主に送金し、入居の承諾も得たので、契約が成立したと見なされます。したがって申込証拠金は、手付金扱いとなり返還はされません」とのこと。

民法では、当事者の口頭での合意で契約が成立し、必ずしも書面の作成は必要とはしていません。(不動産に限らず、物品の売買などでも上記の主張をする人がいます。)

●ただし、不動産賃貸借契約の場合においては、契約書の作成が予定されているのが通常であり一般的です。

大枠で合意したとしても、具体的な賃料・敷金・礼金等や賃料の支払方法及び解除時の手続き方法等の確認ができなければ、契約が成立したと考えるには無理がありそうです。

また、宅地建物取引業法37条書面の交付義務により、通常契約書は作成されますので、その署名捺印をもって契約が成立したと考えるのが妥当かと思います。

但し、都道府県により契約の成立時期と、預り金の解釈が異なるケースもあります。

●一部の都道府県のHPでは「申込証拠金(預り金)は場合によれば、手付扱いされることがあります」と記載されています。

「申込証拠金」や「手付金」の解釈や考え方は様々ですが、宅建業法では「預り金」は一旦は、返還されるものと考えられています。

(37条書面と契約書は異なるものですが、一般的には契約書をもって、37条書面としています)



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス