まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

「常用漢字表」にない語でも、書きたい語の一例 → 「闘いに克(か)つ」

公用文用語

2017年10月15日

公用文に学ぶ漢字と仮名、使い分けの法則では、「常用漢字表」にない漢字、「常用漢字表」にあるが、“読み”のない漢字は、使えません。
しかし、次のような漢字の使い分けをする場合は、「常用漢字表」にない漢字であっても、是非とも書いて見たいものです。


「戦いに勝つ」 と 「闘いに克つ」 とを使い分ける場合の 「克つ」 です。

「戦い」は、勝敗を決するための「たたかい」ですから、戦いに「かつ」と書く場合は「戦いに勝つ」が正しく、「戦いに克つ」は間違いです。
しかし、「闘い」は、己の困苦との「たたかい」ですから、それに「かつ」という場合に「勝つ」と書くと間違いです。
その場合は「闘いに克つ」が書けるのなら、そう書きたいところです。
しかしながら、「常用漢字表」には「克」の“読み」は、字音の“コク”しかなく、字訓の“かつ”はありません。
そのため、公用文の法則に従えば、
「戦いに勝つ」は、「かつ」を漢字でかけるが、「闘いにかつ」の「かつ」は「克つ」と漢字で書くわけにはいきません。

しかしながら、対句的な並べ方をする場合、
「戦いに勝つ」と「闘いにかつ」よりも、
「戦いに勝つ」と「闘いに克つ」と書いてみたいものです。
この場合は、「克つ」にルビを打ちますが。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ