まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

債権法改正  公序良俗 ・ 意思能力

債権法改正と契約実務

2015年4月27日 / 2015年5月11日更新

第1 公序良俗
民法90条 公の秩序又は善良の風俗に反する法律行為は,無効とする。

【コメント】
 実質変わらず。しかし,現行法が,法律行為の内容だけを問題にした規定ぶりになっているので,文を短くすることで意味を広げ,法律行為が行われるまでの過程なども無効事由になることを明らかにした。
なお,暴利行為を無効にする条文化は見送られた。

第2 意思能力
第3条2
法律行為の当事者が意思表示の時に意思能力を有しないときは,その法律行為は,無効とする。
【コメント】
新設規定
従来の判例理論を条文にしたもの。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ