まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

コラム

気になる日本語 「とんでもありません」

気になる日本語

2014年8月7日 / 2015年7月28日更新

「とんでもありません」 は 間違い!

相手から褒められたり、ねぎらいの言葉をかけられたりした時に、謙遜の気持ちで言う
「とんでもありません」 や 「とんでもございません」 という言葉。

よく耳にしますが、文法的には間違いです。

「とんでもありません」 「とんでもございません」 を使う人は、
「とんでもない」 の 「ない」 を、否定の助動詞と間違えて、「ない」 を丁寧に言いかえて
「とんでもありません」 「とんでもございません」 と言ってしまうのでしょうが、

「とんでもない」 は 「とんでも」 と 「ない」 が別々の言葉で成り立っているものではなく、
「とんでもない」 という1つの形容詞です。

そのため 「ない」 を単品で 「ありません」 「ございません」 に置き換えることは、文法的には間違いです。
「みっともない」 「もったいない」 「しかたない」 なども同じです。

「とんでもありません」 の正しい表現

それでは、「とんでもありません」 「とんでもございません」 をどのよう言い換えればいいかというと、

○ 「とんでもないことです」
○ 「とんでもないことでございます」

といった表現が正しい日本語となります。

間違った日本語でも 政府からは認められている?

「とんでもありません」 「とんでもございません」 は、文法上間違った使い方ですが、
「変化する日本語」 として、最近では容認されるようになりました。

それを裏付けるのが、2007年に文化庁が答申した 「敬語の指針」 です。
そこには、

「とんでもありません」 「とんでもございません」 は、
相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり、
現在では、こうした状況で使うことは問題がないと考えられる、

と記されています。

言葉は生き物

言葉は、使う人によって、時代と共に、文化と共に変化します。
元々は間違った使い方の 「とんでもございません」 も、現在では容認されているようです。
とは言え、オフィシャルなシーンなどでは、文法的に正しい
「とんでもないことです」 「とんでもないことでございます」 を使った方が無難だと思います。

ホームページにも ブログを掲載中です。ぜひご覧ください!! 
http://www.stage-up.info/person/cat1/

この記事を書いたプロ

長野淳子

長野淳子(ながのじゅんこ)

長野淳子プロのその他のコンテンツ

Share