まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

長野淳子プロのコラム一覧:言葉のちから

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で、先日の放送の中に 「心にしみる言葉」 を見つけました。 「一生かけた宿題」 「人間生きていれば、わからないこともある。ままならないこともある。そういったことを 「...

皆さんは、人に何かしてもらったり、お世話になったときなどに思わず 「すみません」 と言っていませんか? 例えば、電車で席を譲ってもらったときに 「すみません」道案内をしてもらったときに 「すみません」ご馳走してもらったときにも 「すみません」 「すみません」 は 「...

今日は、新聞の 「声」 の欄に掲載された記事を紹介します。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「ふわふわ言葉とチクチク言葉」 小学生のとき、学校で 「ふわふわ言葉」 と 「チクチク言葉」 を習いました。ふわふわ言葉...

今から30数年前・・・学校を卒業して勤めたのは 社員7人の 小さな石材会社でした。女性3人の事務仕事。石の上にも5年(?) ・・・まじめに コツコツと 勤めました。 そんなある日 課長に言われた 「一言」 「あんた達3人の仕事は パソコン一台で足りる仕事だ!」 体が震える...

 JIJICO(ジジコ)にコラムが掲載されました!  「マイベストプロ」 が開設している、専門家によるニュース解説サイト 「JIJICO」。くらし、経済、医療等にまつわる様々な時事問題について専門家が解説し、ニュースから読み取れる 「お役立ち情報」 をコラム形式でタイムリーに提供していま...

震災の年の11月、自宅の浴室で足を滑らせ、右足のひざ裏の靭帯を切ってしまった私は病院の先生の 「大丈夫。大丈夫。もう大丈夫だよ」 という 『言葉』 とまさしく 『手当て』 に助けられ、お陰様で今では症状もだいぶ楽になってきました。この事は 「言葉の持つ力」 を、あらためて強く意...

震災の年の秋口、私は本当にご難続きでした。9月の初めに、出張先で転んで左足の甲を骨折。一月後やっとギブスが取れて、何とか日常生活を取り戻したと思った11月の中頃。今度は、自宅の浴室で足を滑らせ、右足のひざ裏の靭帯を1本切ってしまったのです。あまりに足元の怪我が続くので...

「生きた言葉って何ですか?」河北新報の 「マイベストプロ宮城」 の広告をご覧になった方から 頂いた質問です。今日は、この質問にお答えしたいと思います。  「言葉」 は 「言霊」 「言葉には魂が宿る」 と言います。話す人の 「思い」 が 「言葉」 に宿るのです。 ...

はじめまして ステージ・アップの長野淳子です。年々、講演会やセミナーの講師を依頼されることが多くなり、このあたりでどこかきちんとした所に登録したいと考えていたところ、マイベストプロ宮城から 「ホームページを見て」 と連絡を頂き登録を決めました。様々な 「講師登録」 の...

長野淳子プロのその他のコンテンツ

Share