まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
安藤孝彦

和と温もりを大切にする建築設計のプロ

安藤孝彦(あんどうたかひこ)

アンドウ設計事務所

お電話での
お問い合わせ
0572-59-1215

安藤孝彦プロのコラム一覧

2018-05-22

思い入れのある家は多少不便なところがあっても無くしたくないですね。先祖が大切にしてきたもの、子供たちが成長してきた家、思い出がたくさん詰まった家、時が流れ子供が巣立だったとしても、今度は子供の家族が遊びに来る、そこで思い出や未来が語られ、家族の歴史が繋がっていくのです。そん...

2018-04-04

M邸では築38年の建物に筋交いと構造用合板、金物補強による耐震補強を行いました。構造計算によりバランスの良い補強の配置を設定し、倒壊する可能性が低いというレベルの補強を行い補強工事の補助金を受けています。解体したところからの紹介になります。工事中の写真ですのであしからず ...

2018-01-30

大変失礼しており約7ヵ月ぶりのコラムになってしまいました。以前にも小さな公民館(10m四方)を紹介しましたが、今回はそれより一回り大きく10.9m四方の建物です。外観です昭和44年に建てられた集会所を老朽化で建て直すこととなりました。建替え前はこんな感じ子供の世代が...

2017-06-05

アーチを取り入れた建物をテーマにしたhomifyの特集記事に今度はH邸の玄関ホールのアーチの開口が紹介されました。アーチのような曲線は柔らかい表情を与えてくれますね^^!こちら→ https://www.homify.jp/ideabooks/3349216/ (この中の最後です)追加でお知らせ^^。先回のコラムで紹...

2017-05-15

オンラインマガジンhomifyの特集記事(中国版)美しい庭のある家のひとつとして掲載されました。空間の一部として庭は季節の移ろいを感じることができ、生活を豊かにしてくれますね^^。ホームページで掲載しましたのでご覧ください。こちら→http://www.atelier-ando.com/news/#1494803897-9...

2017-04-20

久しぶりのコラムとなりました^^。耐震補強をともなうリノベーションH邸の紹介です!工事途中の写真も掲載しました。リビングダイニング上は完成です。下の写真は解体後に、屋根にトップライトを設け、上の小屋の奥部分に水平構面補強のための構造用合板を張り付けています。...

2017-01-22

再び守山の家S邸が「こんな家に住みたい!お勧め和モダンの家30軒」というタイトルでhomifyの特集記事で掲載されました。こちら→ https://www.homify.jp/ideabooks/2386685/ 30件の中の22件目です。伝統的な和風の住宅は少なくなってきましたが、いろいろな形で和が表現され、今の時...

2017-01-14

新しい年になってもう14日が経ちましたね^^!あいさつが大変遅れましたが、昨年はいろいろありがとうございました。今年も心が躍る、気持ちのいい、長い目で見て住みよい、訪れたいオンリーワンの空間を考えていきたいと思いますので本年もどうぞよろしくお願いします。

2016-12-13

紹介するのは今井英二さんの作品です。リビングの小さな数個の窓にリズミカルにストーリーが展開されるように創られています。小さな窓ひとつひとつにストーリーがあり、まるで童話の世界に入っていくように引き込まれます。同じく今井英二さんの作品で動物病院の待合室に設...

2016-11-16

以前にも内部は紹介しましたが、関の家M邸の外構工事が終わり、ようやく全ての工事が完了です。中庭は木格子で囲われ、プライベートな空間として内部と一体となりより大きな広がりが生まれました。ここから光や風がもたらされそこには居心地のいい安心感があります。外から段差0で入...

2016-10-25

関の家M邸の表札と郵便受けが設置されました。外構工事も大詰めを迎えています。杉板の一枚板に織部の陶板の表札が映えています。杉板と一体となって下方の奥に古材で作られた郵便受けが設置されています。郵便物は横から出し入れします。表札の陶板は秀峰窯、郵便受けは工房あー製作。...

2016-08-28

守山の家S邸が1年目を迎え、先日1年点検を行いました。真新しい家に住まわれて1年、季節が一巡して新たな生活リズムができてきて、家族が自然体でいられる空気がただよっています。そんな生活の中で建物として新たな問題が無いか確認をしています。生活の動きの中で支障をきたす部分は一部小...

2016-08-01

リビングは家族のためのくつろぎの場、どう暮らしたいか、どんな質感が好きなのか、この空間を構成する心地よさを自分自身に問いながら再確認していく、、、自分に、家族に必要なものを将来も見据えながら見極めたいですね。全体的にシックな空間です。薪ストーブ、ローテーブル、キッチンカ...

2016-06-25

子供部屋や夫婦の部屋あるいは祖父母などそれぞれの個室が住宅にはありますが、そんな個室はどうあるべきなのでしょう。それぞれの家族で考え方やあり方は違うと思います。その考え方やそれぞれの性格、家族との関係性を建築主自身も再確認しながら丁寧に建物に反映させていくことが大切です。家族...

2016-06-13

トップライトの自然光によって空間が明るく爽やかになります!トップライトは一般的な窓に比べて非常に明るく豊かな光をもたらします。暗くなりがちな北側の部屋や、中廊下などには特に有効です。また、あまり大きな窓を設けるとプライバシーが確保できなかったり、周りに高い建物があったりし...

安藤孝彦プロのその他のコンテンツ

Share

安藤孝彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0572-59-1215

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安藤孝彦

アンドウ設計事務所

担当安藤孝彦(あんどうたかひこ)

地図・アクセス

安藤孝彦のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-06-16
facebook
facebook

安藤孝彦プロのその他のコンテンツ