マイベストプロ岐阜
  1. 築約120年の住宅の耐震補強リノベーションの紹介です!!その3 /3
安藤孝彦

和と温もりを大切にする建築設計のプロ

安藤孝彦(あんどうたかひこ) / 一級建築士

アンドウ設計事務所

お電話での
お問い合わせ
0572-59-1215

コラム

築約120年の住宅の耐震補強リノベーションの紹介です!!その3 /3

2020年5月9日

テーマ:耐震補強リノベーション

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 耐震リフォームリノベーション工事注文住宅

古民家リノベーション
築約120年の住宅の耐震補強リノベーションの紹介です!!
その2の続きです。

ここからは各部の写真

既存の和室2間との一体的な空間になっています。建具は既存のものを利用しています。
古民家リノベーション
古民家リノベーション
古民家リノベーション
既存の2間続きの和室です。畳と天井の改修、照明器具も新しくしています。
古民家リノベーション
薪ストーブは施主自身が設置されました。
古民家リノベーション
古民家リノベーション
トイレの手洗い鉢です。
古民家リノベーション
キッチンカウンターはお施主様が大切にされていたものを提供いただいて設置しました。
古民家リノベーション
古民家リノベーション
浴室の少し大きめのガラス窓はお施主様のご希望で外の景色を取り込むためのものです。
古民家リノベーション
玄関正面の下足入れの戸は既存の腰付きガラス戸です。
古民家リノベーション
南のテラス部分はお施主様のご自身が既存の和瓦を使用して造られました。
古民家リノベーション
☞ 永く住んできた建物というのは空気に歴史を感じます。そこには理屈では言い切れない思いが詰まっています。さらに歴史を重ねていく為のリノベーション、今までの思いの上にさらに心地よさを重ねていく、そこに住まう人のリズムが進化して温かさが増していくのでしょう。

どうでしたか?コメントがありましたらお寄せ下さい。

アンドウ設計事務所 https://atelier-ando.com/

この記事を書いたプロ

安藤孝彦

和と温もりを大切にする建築設計のプロ

安藤孝彦(アンドウ設計事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

安藤孝彦プロのコンテンツ