まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
岡本陽

経営者と従業員をつなぐ人材を育成するプロ

岡本陽(おかもとあきら)

IMソリューションズ株式会社

コラム

コミュニケーションが取れない方に知ってもらいたい「会話の4原則」

その他

2017年10月4日 / 2017年10月23日更新

こんには管理職育成コンサルタントの岡本です。

今日は、いつもとはちょっと違うテーマのお話です。

コミュニケーションが取れなくて困っている方に知って知ってもらいたい「会話の4原則」についてです。

会話の4原則?なにそれ?・・・ですよね。

営業マンの育成してた頃に、営業マンのコミュニケーション力を高めるため良く教えていた、会話の基本原則です。

この原則を知っていれば、営業マンだけに限らず部下とのコミュニケーション、家庭内でのコミュニケーション、どんな事にも役立ちますよ。


それで、4原則とは

1.会話のゴールを決める
2.聴くべきことを決める
3.伝えるべきことを決める
4.会話の展開を考えておく


1.会話のゴールを決める
今回の会話で何を達成するのかを決める事です。
例えば、「〇〇について理解させる」「××の仕事を着手させる」「私を印象付けて認識してもらう」「次の約束を取り付ける」などです。
これを決めておかないと、ずるずると会話が続き、いつまでたっても会話を終える事ができずに、結局なんの話だか分からなくなってしまいます。


2.聴くべきことを決める
伝えること(話すこと)が先ではないの?とおもいましたか?
コミュニケーションは聞く事が主体なので、「聴くべきこと」が先ですよ。
コミュニケーションは一方的に自分の主張をすることではありません。相手とのやり取りがとても重要です。
最低限聴かなければならないこと、出来れば聴くこと、に分類して、「最低限聴かなければならない」を確実に聴く様にします。


3.伝えるべきことを決める
これも、最低限伝えないければならない、出来れば伝えたいこと、に分類して、「最低限伝えなければならない」は確実に伝える様にします。
つまりは会話の中で伝えること(話すべきこと)も優先順位を付けるのです。


4.会話の展開を考えておく
会話がどの様に展開する(しそうか)を考えておくことです。
単純にYES or NOで考えてゆくので良いです。
最悪のNO! NO! NO!のパターンにおいても、「何を聴くか」、「何を伝えるか」から、どの様に振る舞うかを考えておくのです。


コミュニケーションをする際はこの会話の4原則を意識してみてください。

きっと今より会話がスムーズになります。

★★無料メルマガ登録★★

コラムを最後までお読み頂きありがとうございました。
部下をもつ管理職の方向けに無料のメールマガジンを発行しております。

気になる方は今すぐクリックして登録してください!

管理職のスキルアップメールマガジンの購読申し込みはこちら

この記事を書いたプロ

岡本陽

岡本陽(おかもとあきら)

関連するコラム

岡本陽プロのその他のコンテンツ

Share

岡本陽プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-989-1171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本陽

IMソリューションズ株式会社

担当岡本陽(おかもとあきら)

地図・アクセス

岡本陽のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-25
twitter
twitter
2018-07-25
facebook
facebook