マイベストプロ愛媛
  1. いい上司になるためのワンポイント③「3つ褒めて、1つ叱る」
岡本陽

経営者と従業員をつなぐ人材を育成するプロ

岡本陽(おかもとあきら) / 経営コンサルタント

IMソリューションズ株式会社

コラム

いい上司になるためのワンポイント③「3つ褒めて、1つ叱る」

2017年5月3日 公開 / 2017年10月23日更新

テーマ:いい上司になるために

コラムカテゴリ:ビジネス

管理職育成コンサルタントの岡本です。

いい上司になるためのワンポイント!
「3つ褒めて、1つ叱る」

褒め方と叱り方のバランスを意識してますか?

上司のあなたから見て部下は改善すべき点が多いはずです。
それなので、部下に対して、
「〇〇ができてないし、××も悪いよな。それに、だいたい、いつも△△が・・・・」
などと言ってませんか?

では、なぜ、この様な言い方が良くないのでしょうか?
ポイントは2つあります。

ポイント1:言葉を受け入れさせる
「叱る」を先に、特に立て続けにいくつも並べると、人は聞く耳を持たなくなります。
あなたがいくら言葉を並べても相手には伝わりません。
ひどい場合は、他の事を考えて「早くおわらないかな~」と思っている事さえあります。
それなので、先に「褒めて」聞く耳をもたせましょう。


ポイント2:1つに集中させる
基本的に「叱る」=「改善させる」のはずです。それなので、叱る内容をいくつも並べると、部下は何に取り組めば良いかわからなくなります。
何に取り組んで良いかわからないということは、「改善」が出来ないということです。
「改善」ができないという事は、上司にとって叱る意味がない事になってしまいます。


具体的なやりかたとして、
「Aくんは〇〇が良いよね、先日の××も△△もよいと思う。ただ、●●だけは直さないといけないね」
とか、
「この間の〇〇は成果がでたね、××の時も良いし△△もすごね。あとは、●●を改善すればもっと良いくなるんだけどね」


このようなやり方で褒めて改善させてはどうでしょうか。
「3つ褒めて、1つ叱る」のバランスが重要です!

明日からさっそく実行して、いい上司になってください!

★★無料メルマガ登録★★

コラムを最後までお読み頂きありがとうございました。
部下をもつ管理職の方向けに無料のメールマガジンを発行しております。

気になる方は今すぐクリックして登録してください!

管理職のスキルアップメールマガジンの購読申し込みはこちら

この記事を書いたプロ

岡本陽

経営者と従業員をつなぐ人材を育成するプロ

岡本陽(IMソリューションズ株式会社)

Share

関連するコラム