マイベストプロ東京
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ東京
  3. 東京のビジネス
  4. 東京の事業再生・企業再生の専門家

[事業再生・企業再生]の専門家・プロ …3

東京都の事業再生・企業再生の専門家・コンサルタント

東京都に拠点を構える事業再生・起業再生に携わる専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。事業再生・企業再生では主に経営コンサルタント、税理士、弁護士などが金融機関等も含めた各種専門家と連携して業務にあたることになります。経営者が再生を望むからといって必ずしも再生業務が実行されるとも限りません。各種経営状況、資金繰り、対外的な交渉などから経営再建が可能という判断がなされた場合に可能となります。総じて複合的な要件と交渉が必要となる業務のため専門に請け負う専門家がほとんどです。 過去実績に基づいた専門家選びをしてみてください。東京都を拠点とする専門家・プロへお気軽に相談してみてください。きっといいパートナーとして課題解決にへとサポートしてくれるはずです。

現在の検索条件

東京都×事業再生・企業再生

フリーワードで絞込み

1~3人を表示 / 全3

内藤明亜

このプロの一番の強み
自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

[東京都/事業再生・企業再生]

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力に...取材記事の続きを見る≫

職種
経営コンサルタント
専門分野
■経営相談■経営危機相談■事業継続相談■倒産相談
会社/店名
内藤明亜事務所
所在地
東京都新宿区北新宿1-17-3  金元ビル202

大森孝成

このプロの一番の強み
自ら多額の不良債権を抱えながら乗り越えてきた経験

[東京都/事業再生・企業再生]

自ら多額の不良債権を抱えながら、乗り越えてきた経験を生かして

 債務者の心強い味方となって「事業再生」と「任意売却」を柱に事業を展開する「合資会社大誠企画」代表取締役の大森孝成さん。「あくまでも債務者の利益のために働いているわけですから、その姿勢は一貫してい...取材記事の続きを見る≫

職種
宅地建物取引士、 経営コンサルタント
専門分野
事業再生アドバイザー不動産の任意売却
会社/店名
合資会社大誠企画
所在地
東京都目黒区祐天寺2-2-7  青埜ビル4F

安澤武郎

このプロの一番の強み
人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

[東京都/事業再生・企業再生]

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進...取材記事の続きを見る≫

職種
経営コンサルタント
専門分野
組織変革の実行・定着化支援のためのコンサルタント
会社/店名
ペネトラ・コンサルティング株式会社
所在地
東京都台東区西浅草3-22-3  浅草タワー30F
LINE問合せ対応

この分野の専門家が書いたコラム

ある経営危機相談 (いま、事業をやめたら…)

2020-12-16

「この段階で会社をやめると、どうなりますか?」 質問はシンプルなものだった。 ◆ 先ず、会社の収益状態をうかがう。 業種は飲食業。地方都市の駅に近いところで営業している。創業十年。 先期の売上げが3,000万円...

【改定】 100の倒産あれば、100の決着がある

2020-12-16

※ このコラムは、2016年3月8日に作成したものだが、より正確を期すために 2020年12月15日に改定した。 いままで800件近くの倒産処理のお手伝いをてきたが、どれとして同じ倒産の決着はなかった。 負債総額...

【改定】 計画倒産は犯罪なのか

2020-12-01

※ 新型コロナウイルス感染症は当事務所での相談にも大きな影響を及ぼしております。 当事務所では経営危機に関わるたいへんデリケートな問題を扱うので今までは【面談】を前提としていましたが、新型コロナウイルス感染症下のこ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

フランチャイズ(FC事業)は今どうなっている?

フランチャイズ(FC事業)は今どうなっている?

2018-08-06

アメリカで生まれ、発達してきたフランチャイズというビジネスモデル、日本ではコンビニや飲食産業で大きく発達しています。しかしコンビニでは加盟店が過酷な目標を設定されるなど問題が起こっているケースもあるようです。参入にあたっては、事業予測をしっかり立てて考えるべきでしょう。

株式会社から合同会社への“移行”、その背景や目的は?

株式会社から合同会社への“移行”、その背景や目的は?

2018-05-21

新しい会社法では、株式会社と合同会社しか選べなくなりました。合同会社は設立の簡便さばかりが強調されますが、株式会社のデメリットを超えて、合同会社への移行(改組)の流れもあるようです。

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

2017-11-22

飲食業で店舗の無限拡大を効率的に展開するには、ロイヤリティの出費リスクがあってもフランチャイジーになる道が選ばれている。

他の地域から事業再生・企業再生の専門家を探す

東京都のよく見られている地域から事業再生・企業再生の専門家を探す