マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

カテゴリ:
ビジネス
解決!アスクミー JIJICO

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーに

低価格ラーメンチェーンの『幸楽苑』(560店舗)が、『いきなり!ステーキ』と今年(2017年)11月にフランチャイズの契約を結んだことが話題を呼んでいます。

これは、『幸楽苑』のラーメン店でステーキを売るわけではなく、『幸楽苑』経営の店舗が業態を変えてステーキ店(『いきなり!ステーキ』の看板)になったり、『幸楽苑』の新たな出店が『いきなり!ステーキ』の店になるので、見た目に違和感があるわけではありません。このニュースは、経営に関する問題なのです。

飲食業の経営形態は多岐に分かれているが、このニュースはチェーン展開している企業(『幸楽苑』)が、ほぼ無限拡大という戦略展開(目標に国内1,000店舗を掲げている)の過程で、突出している一業種(ラーメン店)から他業種(ステーキ店)に転進してその無限拡大の戦略をより強固なものにしよう、とすることを意味しているのです。

そこで、その領域をステーキ店に求めたということです。しかし、ラーメン店の多店舗展開で実績を上げているからといって、ステーキ店でも成功する保証はありません。

ラーメン店の経験はステーキ業態でも成功するのか?

飲食業のマーケティングはかなり特徴的で、まず商圏が限定的で、ターゲットも絞られます。そのうえメニューと味で差別性を確立し、価格やサービスで競合店より優位性も獲得しなければならないという課題から離れることはできません。メニューや味については、専門的で職人的な老舗があり、価格やサービスではチェーンオペレーションをしている業態があります。

ひとつの業種で自社でそうしたノウハウを開発するには、多くの投資(開発コスト)が必要となることが避けられません。ステーキのチェーン店では、先に『KENNEDY(ケネディ)』(都内に27店舗)が倒産したこともあり、そう簡単ではないことがうかがえます。

おそらく『幸楽苑』は、この『KENNEDY(ケネディ)』の破綻の原因を調べたのだろうと思われます。そして、事業としてステーキ店は原価率が低く(粗利率が高い)、マーケットとしては充分にあり得ると判断し、そのオペレーションについては自社で開発するよりも、多店舗展開で実績を上げている『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになる道を選んだということなのでしょう。

フランチャイジーになるメリットは?

確かに『いきなり!ステーキ』の方が『KENNEDY(ケネディ)』に較べると客単価、回転率、坪効率などで効率的だし、ロケーションも効果的な選択が見られるなど、実効的なオペレーションができているようです。

フランチャイジー(いわゆる「加盟店」)になると、フランチャイザー(いわゆる「本部」)にロイヤリティが発生する分利益率は落ちますが、それだけのメリットがあると『幸楽苑』は判断したのだろうと思われます。確かに、コンビニ店業界などでは大手商社が資本参加だけでなく、よいロケーションの店舗に進出しているとの噂もあり、特定業種ではフランチャイズシステムは有効になってきているようです。

飲食店業では、専門的で職人的な老舗は別にして、チェーンオペレーションをしている業種では、経営判断がずいぶんとリアルなものになってきていると言えそうです。

内藤明亜

経営危機に直面した経営者を支える経営危機コンサルタント

内藤明亜さん(内藤明亜事務所)

Share

関連するその他の記事

新型コロナウイルス感染拡大を理由に解雇は不当か。休業の場合は?

コロナウイルス感染拡大を理由に解雇や休業を通知された場合、不当と言えるのでしょうか。2018年のリーマンショック時に活用された雇用調整助成金とは。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

中小・小規模事業主が活用できるコロナウイルス対策の助成金、資金繰り支援まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大に対する自粛モードが広がり、多くの中小企業が影響を受けています。そんな中、国主導の中小企業支援策として資金繰り支援、助成金などが動き始めています。 さまざまな支援策がある中、これだけは押さえておきたいポイントをお伝えいたします。

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

「コロナよりも怖いのは人間だった」商品不足でドラッグストアの店員が疲弊。『カスハラ』の実態と対応策

SNSには、ドラッグストアやスーパーなどの店員からの「コロナよりも怖いのは人間だった」という悲痛な書き込みが増えています。過剰な要求やクレーム、迷惑行為などのカスタマー・ハラスメント対策について、社会保険労務士の室岡宏さんに聞きました。

室岡宏

室岡宏さん

「心のストレッチ研修」で人材を定着させる社会保険労務士

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す