まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
鈴木寛彦

不妊で悩む女性の思いに応える漢方薬の薬剤師

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

不妊専門 むつみ薬局

お電話での
お問い合わせ
03-3563-6238

コラム

おめでた(子宮腺筋症)…41歳の女性

妊活と不妊症(薬局の現場から)

2018年6月28日 / 2018年9月6日更新



                           (芍薬の畑の様子)


5年間体外受精をしているようですが、受精卵は採れるものの、なかなか着床できないといいます。もともと、子宮腺筋症があり、ひどい月経痛で、ロキソニン、ボルタレン坐薬を常用しているといいます。身長157㎝体重55㎏で、足の冷え、下腹部の冷え、便秘、肩こりがあります。
  漢方薬の折衝飲(煎じ薬)を調合。月経時には、芍薬甘草湯(煎じ薬)を併用してもらいました。飲み始めて1か月後、大便の調子は良くなりましたが、その他はまだ変わらず。服用すること3か月が経ったころより、月経痛が和らぎ始め、半年が経ったころには、ロキソニン、ボルタレンがなくても平気な日が出てきました。そのまま漢方薬を継続し、約1年後、移植後着床。漢方薬を芎帰膠艾湯(煎じ薬)に変えて様子を見ましたが、特に問題はなく無事にご出産されました。

この記事を書いたプロ

鈴木寛彦

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ