マイベストプロ東京
鈴木寛彦

不妊で悩む女性の思いに応える漢方薬の薬剤師

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

不妊専門 むつみ薬局

お電話での
お問い合わせ
03-3563-6238

コラム一覧

RSS

妊娠する力を高めるための養生法

妊娠する力を高めるための養生法

朝食をしっかり食べて妊娠をしやすいあたたかい体にみなさんはきちんと朝食をとっていますか?朝食は一日の活動のエネルギー源になるたいせつなもの。あたたかい体をつくるためにも、欠かせない要素です。...

1日10分 妊娠力をつける方法

1日10分 妊娠力をつける方法

 運動が苦手な方でも、手軽に始められるなわ跳び。1日10分のなわ跳びを習慣にすれば、筋肉・スタミナがつき、きっと妊娠力も上がります。運動は少しづつでも、毎日続けることが大事です。下半身に筋肉がつ...

本能の力を強めて、妊娠しやすい体をつくる

本能の力を強めて、妊娠しやすい体をつくる

もともと「妊娠する」ことは動物の本能。でもストレス社会に生きる現代人の本能は低下ぎみ・・・。日々の仕事や生活で疲れた脳みそを休め、本能や五感を刺激して、妊娠する力を高めましょう。食や運動不足...

病期にによる分類~三陰三陽~

病期にによる分類~三陰三陽~

ガンなどでは病の進行具合による分類が一般的ですが、漢方でも疾病の進行や状態による分類があり、六経分類と呼ばれています。六経分類はその名の通り、病期が次の6つにわかれており段階的に病が進んでいくと...

信玄公の健康法・第二回・・・堪忍の二字 意にかけよ

信玄公の健康法・第二回・・・堪忍の二字 意にかけよ

戦国時代の武将、甲斐の虎と呼ばれた武田信玄公の健康法の第二回。徳川家康公然り、天下に名高い武将の生活は、武力とは裏腹にしっかりとした道徳に基づく生活習慣があります。そこには現代にも通じる健康法...

食を通じて生きていく力を養う食養生の考え方

食を通じて生きていく力を養う食養生の考え方

食を通じて生きていく力を養う食養生の考え方現代では科学の進歩などのおかげで、季節を問わず手に入るものも増えてきました。ですが、暑い時期に属するスイカやキュウリが体を冷やし、寒い時期のかぼちゃ...

身体を温める食べ物と漢方薬

身体を温める食べ物と漢方薬

 不妊症の方に漢方薬をお出しするときに、「身体を温める食べものと冷やす食べ物」についてお話することがあります。近頃、生姜が若い女性のブームになっていることでも分かるように、体を温めるものを必要...

赤パンツと紫の鉢巻

赤パンツと紫の鉢巻

薬局の女性スタッフのお話です。  先日巣鴨に行って、赤い腹巻を買ってきました。赤パンツより洗濯の回数が少なくていいようにです。赤パンツをはくことにより丹田に力を入れるのと同じような効果が得られ...

漢方における合病と併病について

漢方における合病と併病について

漢方の症状は太陽病から厥陰病まで、表から裏へと進行していくのが常だとされています。罹患した当初は表の部分に蔓延り、徐々に体の中へと場所を移していく病は単に症状が変化していくだけではなく、より重篤...

40歳女性・・・お腹の冷えと 12年間の不妊症

40歳女性・・・お腹の冷えと 12年間の不妊症

 色白で顔全体がややむくみを感じる、中肉中背、楽天的であるが人に気を使う、舌質は紫色、舌の裏には血管の怒張中程度、足のむくみ、低血圧(最大90,最小50)、便秘(便秘薬毎日使用)、小便1日6行、目の疲れ、首...

不妊症(3年)・・・31歳 女性 

不妊症(3年)・・・31歳 女性 

体質 中肉 イライラ、不安感、動悸、吐き気、足に冷え、疲れやすい、熟睡できない、口唇が渇く、小便夜間1回、大便1日1回、すっきり出ない、肩の凝り、生理痛、腹冷、腹満、胃痛、モクモク動く、甘いものが...

漢方を復活へと導いた人物とは?

漢方を復活へと導いた人物とは?

さて、漢方の歴史シリーズも終盤を迎えてきました。紆余曲折があっても生き残ってきた漢方は、幕末を迎えて西洋の文化が流入するとともに、衰退の一途を辿ることになります。それが顕著に現れているのが、明治...

漢方における診察方法~四診とは?

漢方における診察方法~四診とは?

わたしたちが体の不調を感じたとき、漢方ではどのような診察を行って証を決めていくのでしょうか。その様子は、やはり西洋医学とは異なっているようです。例えば、冬場に流行するインフルエンザを西洋医学で...

手足の冷えと不眠不安

手足の冷えと不眠不安

25歳の女性 手足の冷えと不眠不安が強いとで、近隣の先生からご紹介されご来店されました。 生理不順 立ちくらみ 排卵直前から生理前の鼠径部の腫れ がありました。また、人に気を使う性格で気が沈みや...

体調の良し悪しを左右する「気」

体調の良し悪しを左右する「気」

以前、こちらで少しご紹介しましたが、身体の調子の良し悪しには“気、血、水”が深く関わっています。その中でも“気”は、生命エネルギーを表しており、所謂、気力や元気といった気のことを意味しています。...

鈴木寛彦プロのコンテンツ