まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

企業経営と危機管理 9 内部通報と外部からの通報との違いを見せた雪印食品偽装牛肉事件

危機管理

2012年12月3日

平成13年9月、農水省は国内牛からいわゆる狂牛病の発生を確認。10月、国内牛の全頭検査をすることにしたが、それ以前に解体された国内牛は国内で流通させず、買取りをすることを決定。ここで、雪印食品関西ミートセンター長が中心になって、外国(オーストラリア)産牛肉を国内産牛肉と偽装することで、国から代金を騙取することを企て、オーストラリアから輸入した牛肉633箱を1日がかりで、国産牛用の箱に詰め替え、2億円弱の代金の騙取に走った。
この牛肉偽装事件で逮捕されたもの9名、有罪判決を受けた者5名であった。会社は再建不可能なほど信用を失墜し、解散の道を選んだ。これにより800名の社員と1000名のパート・嘱託社員が解雇された。解雇された社員の多くは、雪印食品を解雇されたという理由だけで、再就職に支障を来したという。
この事件では、多くの社員が、外国産牛肉を、国内産牛肉用の箱に詰め替える作業に従事したので、多くの社員の知るところになり、社員の中から、本社に、内部告発はあった。そして、本社から、幹部が関西ミートセンターに赴き、調査をした。しかし、この調査で、この事件が判明しなかった。
ここに、雪印食品が、組織ぐるみで、偽装工作をしたのではないかと疑われる原因があり、犯行当時の専務取締役と常務取締役も、詐欺罪の共犯として起訴されたが、この2名は無罪になった。
内部告発では判明しなかったこの事件ではあったが、偽装工作の現場に利用された倉庫業者から、雪印食品本部へ告発することで、やっと、会社にこの事件が判明し、会社が記者会見で、この事件を認め謝罪した。
内部通報と外部からの通報との違いを、見せつけられた雪印食品偽装牛肉事件であった。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ