まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

コラム

残業代(2) 時効は2年

労働事件

2015年2月10日

さて、前回のお話で残業代というのは中小企業にとって相当な負担となるというお話をしました。
残業代、給料の時効は2年です。
最低2年間は請求できる一方2年経過すると請求できなくなると考えていた方がよいでしょう。
会社にタイムカードがないとか、会社からいったん定時でタイムカードを押すよう強要されている場合は?
今時こんな会社があるのかと思われますが、結構あります。
その場合は、メモ(就業時間、退社時間 どのような仕事をしたか)しておくことをお勧めします。
残業代は会社に在職する場合は、会社と対立するのでこれを主張する人は少ないです。
退社した場合は、その点を考慮しなくてすむので残業代を請求する方が多いです。
退社すると決めてからはタイムカードの時間をメモするなどしておいて方が立証が容易となります。
中小企業の方とするならば、そのようなことにならないよう、しっかりとした労務管理が求められます。

この記事を書いたプロ

中村有作

中村有作(なかむらゆうさく)

中村有作プロのその他のコンテンツ

Share

中村有作のソーシャルメディア

rss
弁護士中村有作のブログ
2018-03-29
facebook
Facebook

中村有作プロのその他のコンテンツ