マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく) / 弁護士

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

コラム

セクハラ(3)~驚きの裁判例(高額賠償)

2015年3月10日 公開 / 2020年6月1日更新

テーマ:労働事件

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 退職 手続き

セクハラで実際訴訟が起こされた。さあ裁判所はどのような判決を下しているでしょうか。
A市役所での出来事
 バーベキュー大会で、上司の係長から膝の上に座らされたり、「不倫しよう」「色っぽいよ」と言われた
 課長に相談したが、係長を擁護するなど適切な措置を講じなかった
 係長の行為に対して120万円 課長の違法行為について80万円、諸費用20万円 220万円の賠償を市に命じ
ました(横浜地裁平成16年7月8日)

 滞在先のホテルの部屋での打合せ
 ベッドのあいている部分にとんとんと手を叩いた(こっちにきて座ったらとのニュアンス)
 これに対して10万円の損害賠償請求を認めた(大阪地裁平成11年1月18日)

 岡山のセクハラ事件では退職後の1年分を含め1528万9320円もの賠償が認められています(岡山地裁平成14年5月15日)
 どうですか。驚かれた方も多いと思います。セクハラは近時厳しい判決が出ておりますので、十分ご注意下さい。

この記事を書いたプロ

中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(中村法律事務所)

Share

関連するコラム

中村有作プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作

中村法律事務所

担当中村有作(なかむらゆうさく)

地図・アクセス

中村有作プロのコンテンツ