マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく) / 弁護士

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

コラム一覧:交通事故

RSS

人身事故に遭われたら

2018-03-24

このコラムでも紹介をしておりますが、人身事故に遭われたら、警察に被害申告した後は、病院で受診して下さい。忙しいということで病院の診察を受けないと全く賠償を受けれない可能性もあります。可能であれ...

代車について

2018-03-01

交通事故に遭われたら被害にあった自動車を修理工場に入庫しますよね。そして、代車の手配をすると思います。この場合、保険会社からは期限をくぎってくる場合が大半です。通常は2週間程度です。代車の...

過失割合が争点となった場合 リサーチの活用

2018-02-23

事故状況の説明が加害者、被害者で異なることはよくあります。事故直後警察が事故状況について検証します。人身事故等で刑事事件に発展した場合は確定すれば確定記録取り寄せで実況見分調書、当事者の調書...

交通事故に遭われたら(物損)3

2018-02-11

修理工場にあなたの損傷した車両を入庫しました。通常は、保険会社の車両担当者(アジャスター)が修理工場を訪れ、修理価格について協定作業に入ります。すんなり協定なればいいのですが、1)修理内容...

交通事故に遭われたら(物損)2

2018-02-08

事故に遭われたらまずは事故車を修理する必要があります。修理工場へ連絡して、レッカー移動、修理に入ることになります。あなたが保加入している保険で、レッカー費等支払ってくれる場合もあります。その...

交通事故に遭われたら(物損)

2018-02-06

最近大きな交通事故が続いています。自動車の性能が上がっていますが、まだまだ自動運転ではなく、運転するのは人間です。交通事故・・わかりやすいようでわかりいと聞きます。1 車の修理をどうするのか...

交通事故~簡単なようで難しい(2) 新車の物損

2017-02-06

今日は交通事故の物損についてお話をします。あなたの車が信号待ちで停車中に追突事故に遭ったとしましょう。その車が新車で購入して2週間しか経過していなかった。新車に買い直して欲しい・・というが本...

交通事故~簡単なようで難しい(1)

2017-02-01

自動車を運転して、追突されました。あなたはどうしますか?病院に行って治療を受けたり、修理工場に車を修理してもらいますよね。相手方から聞いた保険会社に連絡し、自分の保険会社にも連絡しますよね。た...

人身事故に遭った場合に健康保険を使うべきか?

2016-08-31

交通事故で怪我をされた場合、よく相手方保険会社から、「健康保険を使ってください。」とお願いされることがあります。しかし、健康保険は、あなたがお怪我や病気になった時に、受診料が高額にならないよう(...

交通事故で怪我をされた方へ~病院で受診を

2016-07-25

交通事故に遭遇し、怪我をしたが、仕事が忙しい等でなかなか病院に行けなかったという方が数多くおられます。自賠責では事故から2週間経過した後に受診しても、事故との因果関係を否定されます。人身事故...

交通事故~過失割合

2016-05-30

交通事故の過失割合は、事故態様によって決まります。追突事案とかセンターラインオーバーなどの事案は基本的には、100対0です。よく問題となるのが、相手方保険会社の担当者と⑥対4でいいという話で進ん...

交通事故のいろは(人身事故)

2016-05-26

交通事故で人身損害にあったら、まずどうしたらいいでしょう。警察に連絡し、事故処理をすませたら、病院に行き、受診しましょう。その際、自分が痛いと思ったところは全て医師に申告して下さい。右肩が痛...

交通事故の被害に遭ったら

2015-12-15

交通事故の被害に遭われた場合(人身)まずは、警察を呼んで、事故処理をしてもらって下さい。そうすることによって、交通事故証明書が作成されます。お怪我をされている場合は、必ず病院で診断を受け、診...

無職でも休業損害が支払わるケースがあります

2015-10-07

交通事故の人身損害に遭われた方は本当に大変だと思います。昨今の経済状況の中で通院に再三通うのも大変です。人身損害の項目として「休業損害」があります。主婦で家事労働をされているが、無職という方...

事故にあったらまずは相談を~ご安心下さい。

2015-09-10

事故に遭って、警察への事故処理、相手方保険会社への連絡ができた。この時何をすべでしょうか。これまで被害者の方がされていなかったこと~弁護士への相談です。えっ、最初から弁護士に相談するの~費用が...

この専門家が書いたJIJICO記事

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

2020-03-04

感染症対策

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

〝食べログやくざ〟が波紋。事実と違う口コミは罪に問われないのか?恐喝行為の可能性は!?

〝食べログやくざ〟が波紋。事実と違う口コミは罪に問われないのか?恐喝行為の可能性は!?

2019-10-18

初めて利用する店でも、ネットで検索して、お店の情報や一般ユーザーの評判などを知ることができるのは便利ですね。ところが、悪意のある情報や、誹謗中傷を書き込むこと、逆に「お店の悪口を書かないから」と、店側から金品やサービスを受けるといった、ヤクザまがいの行為をする人、いわゆる〝食べログヤクザ〟が問題になっています。

台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説

台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説

2018-10-08

今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。

「内部告発者への厳しい報復」~法的に対策はあるのか

「内部告発者への厳しい報復」~法的に対策はあるのか

2018-08-26

企業の不祥事(食品偽装、自動車の不正検査、不適切会計処理等)がしばしばマスコミに報道されていますが、端緒の大半は内部告発です。企業で発生する問題は外部では把握しにくいですが、企業内部の者は企業の実情を詳細に把握していますので、組織の不正を知ってやむにやまれず告発するケースもあります。その場合に企業から左遷や解雇等報復的な措置をとられるケースもあり、これに対する法的対策が問題となってきます。

訴訟詐欺にご注意~裁判所からの書類はハガキでは届きません!

訴訟詐欺にご注意~裁判所からの書類はハガキでは届きません!

2018-07-23

「民事訴訟管理センター」等の名前で裁判所の名前を使用し、「訴状が提出されました。」「執行官立ち会いの下強制執行をする。」「取下げを希望の方は連絡を。」等の不安に陥れるような文言を用いたハガキが来る詐欺の被害に遭わないよう注意しましょう。

もしも料金体系不明の「ぼったくり」居酒屋に遭遇したらどうすべき?

もしも料金体系不明の「ぼったくり」居酒屋に遭遇したらどうすべき?

2018-05-14

新入社員が入社し、歓迎会が盛んです。地方にいた方が上京して、浮かれ気分でキャッチに誘われるまま「居酒屋」に入ったところ法外な値段を請求され、冷や汗をかいた…ということにならないよう注意しましょう。

退職後、未払い残業代は請求できるか。どうするのがスムーズか?

退職後、未払い残業代は請求できるか。どうするのがスムーズか?

2018-03-13

働き方改革

何らかの理由で退職した後でも、未払いの残業代があれば請求することができます。根拠となる時間を記録しておいたかどうかがポイントとなり、手続きは弁護士に依頼するのがスムーズです。

改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?

改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?

2017-02-28

来月に施行される改正道路交通法では、75歳以上の高齢者の運転について厳しい内容となっています。高齢者運転の事故が増える中、致し方ないところもありますが運転に代わる足について議論が必要ではないでしょうか。

ネットでのチケット転売はダフ屋行為ではない!?

ネットでのチケット転売はダフ屋行為ではない!?

2017-02-07

ネットではオークションサイトや転売サイトで堂々とチケットが転売されていますが、これはダフ屋行為ではないのでしょうか?ネットでのチケット転売が違法とみなされる可能性について弁護士が解説します。

定年後再雇用の賃金減額に「合理性」 原告側が逆転敗訴

定年後再雇用の賃金減額に「合理性」 原告側が逆転敗訴

2016-11-10

定年後の再雇用での賃金減額は不合理ではないとして、原告側が逆転敗訴しました。若年層を含む雇用の確保と年金待機期間の労働者の生活の安定をどう考えるか、最高裁判所の判断が注目されます。

中村有作プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作

中村法律事務所

担当中村有作(なかむらゆうさく)

地図・アクセス

中村有作プロのコンテンツ