マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

中村有作プロのご紹介

社会正義を貫き、温かく暮らしやすい世の中を目指す弁護士(1/3)

中村さん近景

気骨ある弁護士であった父親の背中を追い、弁護士を志す

 岡山県岡山市北区内山下で父親の跡を継ぎ、依頼者のさまざまな相談を受けているのは、「中村法律事務所」の弁護士・中村有作さん。飾らない人柄と依頼者の幸せを願う真摯(しんし)な姿勢で信頼を得ています。長年富田町に事務所を構えていましたが、平成30年に事務所を内山下に移転しました。
中村さんが法律に携わる仕事を目指すようになったのは「社会正義を実現する」という大きな夢からでした。父親が気骨のある弁護士だったこともあり、おのずとそうした夢を持つようになったといいます。

 大学を卒業して司法試験合格後、1991年に東京地検で1年間、北海道の釧路地検で2年間検事として勤務。「ちょうどその時期、特捜部では大きな事件をいくつも扱っていました。当時世間をにぎわしていた事件に関連する案件をチームで捜査し、事件の全貌(ぜんぼう)を明らかにしていく、いわば『巨悪を追い詰める』ことの使命感や充実感を、この時期に味わいました」

 やがて生まれ故郷の岡山に戻り、1994年4月に岡山弁護士会に入会、同年12月から父親が経営する法律事務所で働くようになりました。

「組織の中にあっては自由に動けない場合があり、時として不本意な行動を強いられることもあります。しがらみがないところで正義を追求したいという思いから検事の職を辞し、岡山で弁護士として新たな一歩を踏み出そうと思ったわけです」

 父親のように、トラブルで悩む地元岡山の多くの依頼者の力になりたいという思いもあったといいます。

 それからは何にも縛られず、ただ社会正義のために働き、さまざまな問題を解決していきました。これまで数々の案件に携わり、企業恐喝などの民事暴力事案の解決にも尽力。弁護士会では仲裁、両性の平等、生存権、女性の権利(DV等)についての諸案件の解決にも取り組んできました。

Share

中村有作プロのコンテンツ