まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

中村有作プロのコラム一覧:労働事件

労働事件

2018-03-29

イギリスの歌劇場「ロイヤル・オペラ・ハウス」の楽団員で著名なビオラ奏者が、オーケストラのリハーサルが原因で難聴になったという訴え提起してい裁判で、英国の裁判所は、楽団員の損害賠償を認めた。リハーサルはビオラ奏者のすぐ後ろで管弦楽器が演奏されていた。この騒音はジェットエンジン...

労働事件

2018-03-26

平成25年施行改正労働契約法では有期労働契約が繰り返し更新となり通算5年を超える時には労働者の申込みにより、無期労働に転換できるルールが規定されており、平成30年4月から「無期転換」の申込みが本格化するといわれています。1)労働者本人からの申し入れが必要です。2)労働...

労働事件

2018-01-21

労働事件を取り巻く環境は急速に変わりつつあります。2016年9月に総理を議長とする「働き方改革実現会議」が新設されました。「同一労働、同一賃金」がにわかに注目されてきています。そのような流れの中で、東京地裁は、契約社員と正社員の「年末年始勤務手当と住居手当」についての差別を...

労働事件

2018-01-18

Q  最近「働き方改革」という言葉をよく聞きます。わが社は運送会社を経営しているのですが、今回物流センターで従業員が怪我をして、労働基準監督署が立入調査すると連絡が入りました。今後の流れ等について教えて下さい。 A それは大変ですね。   労働者等から申告等があった場合...

労働事件

2018-01-15

早いもので平成30年1月も半分過ぎました。今年もよろしくお願いいたします。働き方改革で色々経営者、特に、中小企業の社長には頭が痛いことが多いと思います。今年は、積極的にセミナーを開催する予定です。未払残業代、セクハラ、パワハラ、労災、過労死等色々な観点から問題となりま...

労働事件

2017-02-02

大手旅行会社に対して東京労働局が違法残業の疑いで強制捜査に入った。過去、5回の是正勧告がなされていたことが判明した。事態を重くみたのか東京労働局加重労働撲滅特別対策班が強制捜査を行ったとのことである。これまでは是正勧告はあくまで「勧告」なので・・と甘くみていた企業も多い...

労働事件

2017-02-01

労働事件の報道が毎日止まらない。大手コンビニ店で働いていた女子高校生が2日間(10時間)病欠欠勤したことに対して、同店のオーナーが10時間分の9350円を給料から控除した。労働基準法91条には、「減給は1回の額が 1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が賃金総額の10分...

労働事件

2017-01-31

三重県内の大手ドーナッツ店のフランチャイズ店長男性(当時50)が過労により不整脈で死亡したとして遺族が、店舗を経営する社社長らに損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、津地裁で下された。裁判長は「長時間労働と死亡との間に因果関係がある。」と認定し、会社側の安全配慮義務違反を認め、...

労働事件

2017-01-30

労働事件の流れが急速に変わってきています。2016年9月に総理を議長とする「働き方改革実現会議」が新設されたことと、大手広告代理店の女性社員が自殺した事件を契機として労働事件の流れが変わってきました。厚生労働省も長時間労働、過労死等に対して非常に厳しい対応をとるようにな...

労働事件

2017-01-21

労働を取り巻く環境が一変しています。企業が採用時に戸籍謄本を調査したことが問題となりました。「戸籍謄本」の提出を求めている企業は2割にものぼると言われています。「戸籍謄本」の提出は出生地や家族構成が判明し、差別につながると禁止されています。また採用面接で「残業可能か」...

労働事件

2017-01-12

2016年9月に総理を議長とした「働き方改革実現会議」が新設された。更に昨年末、大手広告代理店の女性社員が過労で自殺したとして労働局の強制捜査が開始された。今年に入って大手電機会社が社員に労働時間を短く申告するよう強制したとして書類送検された。ここにきて労働案件について...

労働事件

2016-10-31

某大手広告代理店女子社員の過労死が発覚し、労働局が立ち入り検査をしたと大きく報道されている。近時、労働環境の悪化に伴う過労死(自殺も含む)が増加傾向にあり、これに対する世間の目も厳しくなっている。某居酒屋チェーンは過労死をきっかけtとしていわゆるブラック企業のレッテルをは...

労働事件

2015-09-04

茨城県内の医療クリニックで、妊娠した看護助手に対し「明日から来なくていい。妊婦はいらない。」と退職を迫り、看護助手が労働局に相談した。厚生労働大臣が大臣として初の是正勧告をしたが、「法律を守るつもりはない。」とその勧告を無視した。そのため厚生労働省は事業主の実名を公表した。...

労働事件

2015-04-08

セクハラが原因で、精神障害を発病した場合は、労災保険の対象となります。認定要件は以下のとおりです。1)認定基準の対象となる精神障害を発病していること2)精神障害の発病前おおむね6か月間に、業務による強い心理的負荷が認められること  ○胸や腰への身体的接触を含むセクハラで...

労働事件

2015-04-04

加重労働によって、授業員がうつ病に罹患した場合、会社は安全配慮義務を問われます。決めてとなるのは、うつ病を罹患する前の労働時間です。発症前1か月で100時間、2か月から6か月前で80時間を超えるとまず、会社側は安全配慮義務違反で敗訴します。それを下回る労働時間の場合は、従...

中村有作プロのその他のコンテンツ

Share

中村有作のソーシャルメディア

rss
弁護士中村有作のブログ
2018-03-29
facebook
Facebook

中村有作プロのその他のコンテンツ