まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

自転車事故の死亡例は高校1年が最多です

新聞記事によると,自転車事故での死亡例を児童だけで見ると,高校1年が最多だそうです。

記事では,その理由は,「ヘルメットの着用率が高校生になると減少するから」とのことでした。

ヘルメット着用は,バイクでしたら義務化されていますし,車でしたら,シートベルトの着用が義務化されています。
これらは,いずれも数十年前は義務化されていないものが,事故の増加と着用による死亡率等の減少の効果が実証されて,義務化されたものです。

とすると,自転車事故の増加が続けば,自転車でのヘルメット着用も義務化される時代が来るかもしれません。

ただ,記事にはありませんでしたが,高校生の自転車事故による死亡例が小・中学生より多いことのもうひとつの理由は,高校生になると自転車での通学が許可される学校が増えるからかと想像しています。

とすれば,高校1年生は「自転車通学デビュー」の年であり,「自転車通学に慣れない」ための事故も多いということでしょう。

これも親御さんなど保護者の方の注意が必要かと思います。

もちろん,何度もご案内していますが,自転車の事故では加害者となることもあります。

その場合の賠償義務に備えた保険の加入が,京都府では2018年4月1日から義務化されますので,そちらに対する備えもお願いします。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ